武蔵野赤十字病院 > 病院案内

病院案内

地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院って?

どの地域でも質の高い「がん医療」を受けられるよう、厚生労働省が全国各地に「がん医療」の中心を担う『地域がん診療連携拠点病院』を指定しています。
『地域がん診療連携拠点病院』は専門的な治療を行うだけでなく、よりよい医療を患者さんに提供するために地域の医療機関と協力したり、患者さんやご家族を支援する役割を担っています。

がん診療連携拠点病院としての取り組み

地域がん診療連携拠点病院の役割と当院の取り組み

「東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)」を利用した地域での継続的医療

「東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)」とは
がん患者さんが、手術など専門的な治療を行った後に使用するもので、患者さんの5年ないし10年先までの診療の計画を立てたものを、一冊の手帳にまとめたものです。
手帳には、生活や薬に関する留意点の他、診療や検査の計画表が設けられており、患者さんや医師が、その都度記録を残していくようになっています。患者さんにとっては、「いつ」「どこで」「どんな」診療や検査を受ければよいかを示すものとなり、病院や医師にとっては、患者さんの治療経過が共有できるため、より適切で迅速な診療につながるものとなります。

がん相談支援センター

がん患者さんやご家族あるいは地域の方々からの、がんに関する相談をお受けする相談窓口です。信頼できる情報に基づいて、がんの治療や療養生活全般の質問や相談にお応えします。相談の内容に応じて、専門の看護師やソーシャルワーカーがお話を伺い、患者さんとご家族を支えるお手伝いをしています。どうぞお気軽にご相談下さい。

情報ラウンジ

がんに関する資料、インターネット接続パソコン(有料)、登録医療機関情報コーナーなどを設けています。

がん患者・家族交流会

がん患者さんそのご家族の方々が心の悩みや闘病体験等を語り合い、不安の軽減・療養生活などについて、 情報交換・情報収集を行なえる交流の場を提供いたします。是非ご参加ください。

ピアサポートセンター

同じ経験を持つ患者さんと話すことで、気持ちが軽くなったり、療養生活を快適に送る知恵が得られることがあります。当事者の視点で話を聞いてもらえる患者同士の支え合いの場を持つことが出来るよう、当院ではNPO法人がん患者団体支援機構の方々と協働しております。主な活動は2つあり、1つはがんの経験者によるピアサポート相談で、がんの経験者が相談をお受けしています。もう1つに経験を語りあう場として、“語りの会”を開催しております。

向日葵会

武蔵野赤十字病院の産婦人科・乳腺科で診察を受けていらっしゃる方々の患者会です。年4回開催し、患者さん同士が集い、歓談、茶話会を行っています。

地域医療従事者の研修会・講演会の実施

地域の医療従事者向けにがん診療についての標準的知識、技術の普及をめざしています。がん患者さんを支える療法や緩和ケアについての研修会・講習会も実施しています。

※定員に達したため締め切らせていただきました。

院内がん登録および地域がん登録

よりよいがん診療を目指し、診療したがん患者さんについてがん登録を行い、その情報を毎年、“院内がん登録データを国立がん研究センターへ”、“地域がん登録データを東京都へ”提出しています。このことにより国や地方自治体が行う全国規模あるいは地域のがん登録に協力しています。なお、当院では治療・療養法の効果の評価などのためにがん患者さんの予後(病後の経過)を把握するよう努めています。

がん相談支援センター

武蔵野赤十字病院「がん相談支援センター」では、「がん」に関するご質問・悩み・不安などを
伺っています。患者さん・ご家族が治療に専念できるようお手伝いしますので、どんなことでも
お気軽にご相談ください。

対  象「がん」の患者さん・ご家族 など
場  所武蔵野赤十字病院 5番館 1階(患者相談窓口併設) (地図)
対応時間月曜日~金曜日 9時~17時 *相談受付は16時まで
電話番号0422-32-3111(内線7558) *予約優先
料  金無料
対応職種看護師(がん看護専門看護師等)、ソーシャルワーカー、臨床心理士、薬剤師、事務職員
*ご相談の内容に応じて対応する職種が変わります。まずはお話ください。
相談内容
  • 今後の治療等について
  • 医療費や福祉サービスについて
  • ホスピスや在宅医療について
  • セカンドオピニオンや転院について
  • 病院や医師に関すること
  • ばくぜんとした不安や困っていること など
「がん」に関する詳しい情報は、国立がん研究センターがん情報サービス または 東京都がんポータルサイト のホームページをご覧ください。