武蔵野赤十字病院 > 職員募集

職員募集

臨床研修部

初期臨床研修について

研修医教育に長い歴史があります

30 年以上前から臨床研修医を採用しており、研修医の存在は当然という雰囲気が病院にいきわたっています。
研修医を教え、研修医に教えられながら、共に救急医療や地域医療を担っています。

当院の研修の特徴
①指導スタッフがいっぱい
  • 常勤医が230名(指導医80名余)と医師が多い病院なので、多数の医師からの指導が受けられ、大学での研修と同様の緻密な診療や症例検討を学ぶことができます。
  • 1999年には臨床研修部が、2007年には教育研修推進室が設立され、研修環境の整備・研修医の要望への対応・研修医のメンタルヘルスなどにあたっています。部員・室員には看護師・技師・事務職員なども入っており、病院職員全体で研修医を育てる風土です。
  • 指導医の教育にも力を入れており、病院独自の臨床指導医養成講習会も毎年開催しています。現在、指導医の8割以上が臨床指導医養成講習会を受講済みです。
②地域に根ざした病院、かつ、診療の質の高さは大学に負けない
  • 地域基幹病院として診断や治療の難しい患者が多数来院し、大学病院と同レベルの質の高い医療を提供しています。
  • ICU/HCU・GICU・地域周産期センター(NICU)などが整備されており、集中医療や救急救命医療が充実しています。
  • 癌診療連携拠点病院として、多くの悪性腫瘍患者さんの診療にあたっています。
  • 2007年には研修教育や一次救急二次救急を担当する総合診療科やSCU/脳卒中センターが開設され、2008年には乳腺科や感染症科も開設され、専門診療科もさらに充実しました。
③救急研修は看板
  • 当院の研修プログラムの特徴の一つは、1年次と2年次に救急救命部での3次救急研修が2ヶ月ずつ計4ヶ月間と長いことです。
  • それ以外の20ヶ月間は、夜間や休日の日当直研修があり、初期研修医2・3名で12人の当直医とともに救急外来で1次救急・2次救急診療を担当します。
  • 救急車を年間9000台以上受け入れる本邦有数の救急病院の第一線で、あらゆる診療科のwalk in で来院される一次救急から救命ホットラインで搬送される三次救命医療までを学ぶことができ、2年次には飛躍的に臨床能力を身につけることができます。
  • 日赤なので、災害救護活動に参加できます。
④学習の機会は多彩
  • 研修医のためのカンファレンス、研修医同士のカンファレンス
  • 1年生が研修を開始する5月から7月までは2年目研修医によるスタートアップガイドがあります。また、救命救急科、感染症科、総合診療科による勉強会が毎週火・水・木の夕方、研修医による勉強会が金の夕方にあり、勉強の機会は豊富です。
  • 研修医が企画する独自の講演会を年に1、2回開催します。
  • 各診療科のカンファレンス、病院主催の症例検討会・CPC、医療安全や医療倫理に関する講演会などが多数あります。
⑤研修医をバックアップしたい
  • 1999年全国の赤十字病院に先駆けて臨床研修部が開設されました。
  • 一人一人の机が用意され、インターネット対応、Up To Date対応、図書室など環境が整っています
  • 宿舎、職員食堂など厚生設備が整っています。
  • アルバイトをしなくても十分生活できる給与を支給しています。
  • 当院で初期研修を経験した先輩たちがチューターとして、個々の初期研修医にアドバイスをします。当院での研修がよりよくなるように、指導医や病院全体に働きかけをしれくれることもしばしばあります。
⑥愛の病院で和気藹々と

研修医が和気藹々としており、お互いにサポートしあう温かい雰囲気が、当院の研修の一番の特色です。でも、充実した研修成果を上げるためには、上級医に自分から体当たりしていく積極性が必要で、「与えてもらおう」という受身の姿勢の人には当院の研修は向いていないと言えます。
 

メッセージ

臨床研修部から
臨床研修部長
長田 薫

臨床医の仕事は、病める人や傷ついた人、およびそのご家族と一緒に、病気や外傷などの問題になっている事象の解決策や対応策を考え、よりよい方向に進めるよう医学・医療を活用して支援をする仕事です。そのためには医学的知識や技量も、判断力や決断力も当然大切ですが、もっとも大切な事は、病人とその家族から学び、一緒に歩もうとする姿勢でしょう。
当院には長い研修教育の歴史があり、幸いな事に全国からやる気のある若手医師が多数集り、研修医を教え、研修医に教えられながら共に歩んで参りました。他院から来られた医師達が異口同音に指摘するのは、「自分の時と比べると、この病院の研修医達は皆とても仲が良く、よい雰囲気の中で研修できており、恵まれていて羨ましい」という点です。
稀な疾患に出合う機会が多い病院であるのも、当院の特徴です。それは、あちこちの病院から人が集り、よい雰囲気の中でお互いに情報を共有し、皆で学べる機会が多いからかもしれません。多忙で過重労働の日々が続くと、職場は殺伐とした雰囲気になり、他者から学び共に歩もうという考えが浮かぶ余地すらなくなります。その点当院の研修では、適度な忙しさと厳しさの中で、向上心のある先輩・同僚・後輩・スタッフ・達に囲まれ、自分を磨くチャンスがあります。
皆さんも私達と一緒に、そのチャンスをつかんでみませんか。

初期臨床研修医から
初期臨床研修医2年目
白根 翔悟

「手技をやらせてもらえる。」「救急がしっかりしてる。」「common diseaseをたくさん診れる。」学生時代に研修病院を選ぶ時、このようなフレーズが飛び交っていたのを覚えています。もちろん、自分の進みたい道がはっきりと決まっていて、譲れないポイントであるなら、それらを叶えてくれる病院を探すべきだと思います。ですが、私が研修先を選ぶ上で本当に大切に感じるのは、「自分自身のモチベーションと、それに応えてくれる環境、先輩、同期の存在」です。研修医としての2年間は、臨床能力を身に付けるだけでなく、医師として、社会人としての心構えを学べる大事な時間だと思います。手技ができても、救急対応ができるようになっても、common diseaseが診れても、この心構えは中々学べません。仲が良くて意識の高い同期、自分の経験や知識をどんどん教えてくださる先輩方、研修医を育てようとしてくれるこの環境の中で、学生時代に思い描いていたものよりも遥かに高いモチベーションで毎日を過ごしています。ぜひこの武蔵野の地で、楽しく濃密な時間の中で「心構え」を共に学びましょう!

初期臨床研修医2年目
平山 晴之

学生の時にいくつかの病院を見学しましたが、武蔵野赤十字病院は研修医が生き生きと働いていたのが印象的でした。
武蔵野赤十字病院で研修したいという気持ちは強かったですが、正直なところ倍率が高くて自信はありませんでした。
現在幸運にも武蔵野赤十字病院で楽しく研修することができています。働き始めて1年以上経ちますが、私が思う当院での研修の良いところは、2年間を通して救急外来当直がある点、昼食がビュッフェでおいしい点(これは毎日の事なので意外と大事だと思います)、様々な診療科の先生にご相談しやすい環境が整っている点、そして何より研修医同士の仲が良い点です。
このページを見ているということは、多かれ少なかれ当院での研修に興味があるということだと思います。深く考えず当院の研修の雰囲気を味わうために見学に来てはいかがでしょうか。必ずや当院で研修したいと思うはずです。お待ちしています。

初期臨床研修医1年目
大濵 信之亮

私が当院での研修を希望した理由はいくつかありますが、何といっても救急研修です。様々な症例を自分で診ることができる総合診療科と救急外来、3次救急とICU管理を学べる救命救急科、これらは2年間で合わせて6か月もあります。入職して間もない私ですが優秀な先生方に指導を受けながら充実した日々を過ごしています。そして全国から集まった尊敬できる愉快な同僚たちに出会えることこそ当院の最大の魅力ともいえます。皆さんも当院で私たちと一緒に熱い研修生活を送りましょう!

初期臨床研修医1年目
砂生奈那美

武蔵野赤十字病院で働き始めてまだ数ヶ月ですが、ここでの研修は本当に環境に恵まれているなと感じています。同期が仲良しだったり、先生方やスタッフの方々が優しかったり、食堂のご飯が美味しかったり、勉強会がたくさんあったり、武蔵野市が住みやすかったり(都会っ子には田舎に感じるかも)等々。研修生活において自分自身の努力が一番大事なのはもちろんですが、環境が良いことにこしたことはないですよね!研修医たちは皆明るくガッツある人たちばかりなので、毎日良い刺激をもらっています。また、オンオフがはっきりしているのでオフのときには皆で飲みに行ったり遊びに行ったり、仕事以外にもすごく楽しい生活を送れます。ということで、ぜひ皆さんも当院で楽しくやる気溢れる研修生活を送りませんか!

初期臨床研修医1年目
眞柴 貴久

「良い研修病院で研修したい。」これは、誰もが考えることだと思います。勉強会が充実している、手技や処置に研修医が積極的に関われる、研修医の雰囲気、などなど、、、皆さんは何を指標に研修病院を探していますか?当院はこれらの要素のバランスが非常に良い病院です。何よりも、たすき掛けを含めて同期は13人と都内の病院にしては少数精鋭ですが、同じマインドを持った同期との出会いが待っていました。見学にきていただけたら、私たちが充実した研修生活を送っている姿を見ていただけると思います。もちろん、研修生活は楽しいことばかりではありません。むしろ壁にぶつかることの方が多いですが、そんな時に同期が、先輩方が、病院が助けてくれます。共に学び、成長しようという気概を持った皆さんを研修医一同お待ちしております!

初期臨床研修医1年目
渡邉寛人

全国様々な研修病院がありそれぞれ特徴を持っています。当院での初期研修の特徴は救命科でのICU管理を4ヶ月間学べる、救急外来で初診の患者さんを診られる、グラム染色を基礎に感染症をしっかり学べる、日々レクチャーがあるなど様々なことがあげられると思います。しかし何より教育的な指導医が充実している、頼りになる先輩がいる、何でも相談できる同期がいるという「人」の面で非常に恵まれた病院だと思っております。研修を通じて学生時代の病院見学だけでは見えてこない当院の魅力を実感しています。当院は全国各地から初期研修医が集まっています。開放的な環境でぜひ皆さんと一緒に学んでいけたらと思います。充実した研修医生活を過ごしましょう!お待ちしております。

 

メッセージ1メッセージ2
メッセージ3メッセージ4

 

過去三年間の初期研修医

2015年 男性8名 女性5名
  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 千葉大学
  • 東京大学
  • 東京医科歯科大学
  • 信州大学
  • 宮崎大学
  • 順天堂大学
  • 日本医科大学
  • 聖マリアンナ医科大学

(たすきがけ含む)

2016年 男性9名 女性4名
  • 北海道大学
  • 筑波大学
  • 群馬大学
  • 千葉大学
  • 東京医科歯科大学
  • 滋賀医科大学
  • 神戸大学
  • 日本医科大学
  • 東京慈恵会医科大学

(たすきがけ含む)

2017年 男性10名 女性3名
  • 弘前大学
  • 筑波大学
  • 群馬大学
  • 山梨大学
  • 東京大学
  • 東京医科歯科大学
  • 滋賀医科大学
  • 浜松医科大学
  • 琉球大学
  • 京都府立医科大学
  • 久留米大学

(たすきがけ含む)

過去三年間の初期研修医1

今日からオリエンテーション開始
オリエンテーションでは医師としての基本姿勢、手技を学ぶと同時に他職種研修や接遇研修により、病院職員、社会人としてのマナーを学ぶ
 

過去三年間の初期研修医2
基本的臨床技能
 

過去三年間の初期研修医3
オリエンテーション「縫合実習」
 

過去三年間の初期研修医4
過去三年間の初期研修医5
オリエンテーション最終日「2年間の目標」をたてる。
 

過去三年間の初期研修医6
東日本大震災・救護活動では2年目研修医が当院の救護班の一員として救護所や巡回診療の医療活動を行った。
 

過去三年間の初期研修医7
地域研修は武蔵野市、三鷹市の医療機関、または浦河赤十字病院(北海道)で行う

過去三年間の初期研修医9
3月研修修了。修了後は当院に残る者、大学病院、大学院、市中病院に就職する者と様々な進路を選択
【私たちと一緒に医学と医の心を学んでみませんか】

研修プログラム例

1年次オリエンテーション内科救命救急科外科麻酔科総合診療科
1ヶ月4ヶ月2ヶ月2ヶ月2ヶ月1ヶ月
2年次精神科小児科救命救急科産婦人科総合診療科地域研修内科選択
1ヶ月1~2ヶ月2ヶ月1ヶ月1ヶ月1ヶ月2ヶ月2~3ヶ月

研修期間
2年間、オリエンテーション1ヶ月、基本研修 21ヶ月、選択研修 2ヶ月

内科8ヶ月、外科2ヶ月(うち1ヵ月を脳神経外科または整形外科に変更可能)、
救命救急科4ヶ月、麻酔科2ヶ月
小児科1~2ヶ月、産婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月、地域医療1ヶ月
内科は、1年次と2年次に総合診療科を1ヵ月ずつ必修、消化器科/血液内科、循環器科/内分泌代謝科、呼吸器科/神経内科、腎臓内科/感染症科の4グループから3つ以上選択(1グループ2科を2ヶ月)
救命救急科は、1年次に2ヶ月、2年次に2ヶ月選択する。産婦人科は原則として2年次に選択する。
精神科、地域医療は2年次に選択する。
精神科の一部に当院精神科での外来研修を含める(リエゾン精神医学研修)。
地域研修では武蔵野市、三鷹市の医療機関、または浦河赤十字病院(北海道)を選択する。

選択研修 2ヶ月
研修科の選択は任意とし、基本研修を選ぶことも可能である。1診療科のみを履修することは好ましくない。
履修が不十分な科がある場合には、その科を選択する。
ローテーションスケジュールは、オリエンテーション期間中に、研修医自身の希望を踏まえて、臨床研修部長、各科代表指導医が協議・調整して作成する。2年次開始時に、1年間の研修を振り返り、より効果が上がるように、スケジュールを部分的に修正する。1年次、2年次の中で研修する順番は研修医の重複を避けるために研修医ごとに異なるが、各科の期間は同一である。

医学生の個別病院見学について

下記のとおり、個別病院見学を行います。
見学をご希望される方は「申込要領」をご確認の上、お申し込み下さい。
※ 土・日・祝日は見学を受け入れておりません。

【受入対象者】

医学生5年生以上

【申込要領】

見学申込書」をご記入の上、郵送にて申し込み下さい。

  1. ① 申込用紙 : 「見学申込書
  2. ② 見学希望日の2週間前 必着
  3. ③ 返信用封筒【長3封筒】(82円切手貼付)を同封下さい。
  4. ④ 見学は、1人1日1診療科です。
  5. ⑤ 病院見学を受け入れる曜日が定められている診療科があります。
    見学曜日の定められている診療科
  6. ⑥ 郵送先
    〒180-8610
    東京都武蔵野市境南町1-26-1
    武蔵野赤十字病院 総務課  宛