武蔵野赤十字病院 > 病院案内

病院案内

臨床指標

平成28年度武蔵野赤十字病院病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 953 303 509 775 1,445 1,836 3,003 3,793 2,769 501
当院は地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
がん疾患・肝臓疾患・心臓疾患に力を入れている為、60代70代80代が多い傾向にあり、全体の60.2%を占めています。
また、地域周産期母子医療センターでもあり、新生児・乳幼児・20代30代の産婦の入院も多く、年間の分娩数は1,000件以上となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 355 4.1 5.5 0.3 63.5  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 240 2.5 3.1 0.0 67.8  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 223 4.0 4.7 0.0 69.2  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 126 10.1 18.0 23.0 78.4  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 107 9.3 13.0 2.8 66.9  
当院は、緊急症例の受け入れを積極的に行っている三次救急指定施設です。身体各所にわたる問題をもたれる患者さんでも総合病院の長所を生かし、治療させていただいています。
特に急性心筋梗塞、不安定狭心症には迅速な対応を取っています。不整脈の治療も力を入れていて、不整脈の中でも特に脳梗塞の原因として注目されます心房細動の治療でも多くの治療成果がございます。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 208 10.2 11.7 1.4 73.8  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 198 8.1 8.7 1.0 72.6  
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2なし 121 3.3 10.6 0.0 65.1  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 84 7.8 10.9 6.0 72.5  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 10.3 11.1 2.7 72.4  
肝がんは早期発見すれば局所根治が可能なため、定期的な超音波検査やCT検査を軸として、造影超音波検査やEOB造影MRI検査での質的検査を加えて、早期発見のための総合的な画像診断に力を入れています。
肝がんの局所治療はラジオ波焼灼療法を独自に工夫したtwo step法でおこない、大型肝がんにはバイポーラー・ラジオ波装置、治療困難な部位に存在する肝がんには術前3D simulation、Fusion技術、針先ナビゲーション技術、人工腹水・胸水下穿刺や造影超音波ガイド穿刺を駆使しています。 2㎝未満で見つかった肝がんの生存率は5年68%となっています。肝動脈塞栓治療は放射線科専門医と共同で行っており、高度進行肝がんには分子標的治療、定位放射線療法、リザ—バー動注化学療法をふくめ集学的な治療を追及しています。
C型肝炎に対する治療は急速に進歩しましたが、適切な治療薬を選択するために、体質、ウイルスの遺伝子の両面を最先端の方法で評価しています。 さらに、ウイルス排除が成功した後の肝臓の状態を把握する方法として、肝臓の硬さを超音波やMRIで測定し、総合的に肝臓病をマネジメントしています。胆管炎、胆管結石症が増加し、ERCP関連治療が増加傾向にあります。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 143 2.6 3.7 0.0 70.6  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 142 9.7 12.4 2.8 72.4  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 83 15.9 19.9 2.4 73.0  
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 81 9.5 12.0 0.0 66.0  
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 54 16.3 19.2 1.9 69.7  
DPCコード上位5疾患を示しております。3位の間質性肺炎を除いて、全て肺の悪性腫瘍が占めています。
当院はがん診療拠点病院であり、肺がんの診療に力を入れています。
患者さんの状態に応じて、手術、化学療法、放射線治療を中心とした集学的治療を行なっています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 73 13.4 16.5 35.6 69.1  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 37 12.6 16.7 35.1 71.6  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 34 3.6 6.4 0.0 66.5  
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 21.5 32.7 67.7 72.6  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 5.7 7.1 16.7 59.6  
当院では、平均在院日数が全国平均と比べても短いのが特長です。脳梗塞については5~6割の方が、自宅退院され、残りの方が急性期転院、回復期転院をされております。緊急患者の受け入れを積極的に行っております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 7.9 8.9 1.5 70.6  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 13.7 12.8 10.4 68.9  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 46 12.7 14.8 6.5 67.7  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 26 40.5 37.1 15.4 71.1  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 14 18.8 22.7 7.1 66.9  
末期腎不全患者に透析のためのシャント手術を施行して、透析はしないで退院するという区分で、こちらも7.9日で全国平均より短期となっています。
次は、末期腎不全で透析を新たに開始するための入院で、12.7日と全国平均よりも短くなっています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 75 31.1 42.0 4.0 55.7  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 20 11.7 25.1 25.0 70.6  
130030xx99x41x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病あり 17 13.5 30.9 0.0 73.7  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 15 11.7 16.8 0.0 60.1  
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等22あり 13 10.0 14.0 0.0 55.6  
血液内科では急性白血病(骨髄性・リンパ性)、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫などの造血器腫瘍の抗腫瘍剤治療を入院で行っています。
多発性骨髄腫、悪性リンパ腫は病状が安定している場合には通院で継続治療を行います。
非腫瘍性疾患として再生不良性貧血、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの入院・通院治療も行っています。
なお、移植の適応のある多発性骨髄腫や悪性リンパ腫には自家末梢血幹細胞移植術を行っています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 44 5.7 16.8 0.0 67.9  
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 12 5.2 36.1 0.0 56.8  
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 7.6 10.7 18.2 73.5  
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし - - 17.6 - -  
060035xx97x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.6 - -  
当科で主に診療を行っている疾患は、悪性リンパ腫、大腸がん、乳がん、原発不明がん、胃がんなどで、これらの疾患に対して抗がん薬を用いた薬物療法を行っています(詳しくは、当科の「診療実績」のページをご覧下さい)。
入院治療が行われるのは、点滴が多い治療計画となっている場合、初回治療でアレルギーのような症状が出やすい場合などに限られています。
上の表に示されたほとんどが悪性リンパ腫となっているのはそのためです。その他の疾患のほとんどは、外来の化学療法室で通院治療が行われています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 3.5 6.1 0.0 53.0  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 35 10.7 16.3 0.0 65.4  
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 24 8.8 12.5 0.0 62.9  
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 20 9.1 12.9 0.0 67.2  
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 18 10.9 16.4 0.0 66.0  
内分泌代謝科では、糖尿病・高血圧症・脂質異常症などの生活習慣病・代謝疾患と、視床下部・下垂体・副腎・甲状腺などのホルモン異常をきたす内分泌疾患を対象としています。
糖尿病に対しては、・糖尿病専門医・糖尿病看護認定看護師・糖尿病療養指導士の有資格者を含めた医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・薬剤師・臨床検査技師などが連携してチーム医療を実践しています。糖尿病の緊急合併症や重症糖尿病を含めた様々な病態に合わせた高度医療・テーラーメイド治療のほか、糖尿病教育入院も行っています。
内分泌疾患に対しては、内分泌代謝科専門医による内分泌検査・画像検査に基づいた専門的診療を行っています。特に二次性高血圧の原因ともなる原発性アルドステロン症やクッシング症候群に対しては、各種負荷試験に加え、放射線科と協力して下垂体・副腎静脈サンプリングなどの先進的な診断を行い、脳神経外科・外科・泌尿器科と連携して治療を行っています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 113 10.4 12.4 39.8 73.1  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 42 10.2 12.0 31.0 71.7  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 14.5 21.3 59.5 84.0  
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 28 15.1 17.8 14.3 67.4  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 19 4.6 5.2 5.3 73.6  
総合診療科には、尿路感染症、肺炎、皮膚軟部組織感染などの感染症の患者さんが数多く緊急入院されます。血液中のナトリウムが低下するなどの電解質異常による意識障害の方もしばしば入院になります。
また、リウマチ膠原病関連疾患で入院が必要な患者さんも、リウマチ科医師と一緒に診療しております。
当院には平成28年度は9,500台の救急車が搬送され、うち約3,500台は総合診療科で対応しております。800名強の方が入院されました。高齢化社会で緊急搬送される方々が増加しており、1台でも多くの救急車を受け入れるために、入院病床を空けていただかざるを得ず、診断が確定し治療方針が決まった方々は1週間以内に周辺地域の医療機関に転院して、治療を継続していただいております。地域拠点病院の責務の一つである救急診療の中核を担う科として頑張っております。患者さん・ご家族の方々にもご協力を宜しくお願いします。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 5.8 6.4 1.0 3.0  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 75 5.7 6.0 1.3 1.0  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.9 5.8 0.0 4.5  
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 41 1.0 9.4 0.0 1.9  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 3.7 5.5 5.1 3.7  
小児科入院では、1.気管支喘息発作、2.RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどのウイルス感染およびマイコプラズマ、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの細菌感染による下気道炎(肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎など)、3.ロタウイルスやノロウイルスなどによる脱水症状や全身状態不良を伴う感染性胃腸炎が上位を占めています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 4.4 6.2 0.0 0.0  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 23 7.7 11.6 0.0 0.0  
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり 18 14.2 23.5 27.8 0.0  
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 11 23.9 27.3 0.0 0.0  
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり - - 12.0 - -  
新生児科の病棟は新生児集中治療室(NICU)とその後方病棟でもある新生児強化治療室(GCU)に分かれます。
NICUに入院する赤ちゃんでは早産児と呼吸障害が2大疾患となります。これらの赤ちゃんは保育器に収容し人工呼吸管理等の集中治療を行います。集中治療を終えた後、紹介元の病院に戻り搬送となる赤ちゃんもいます。
一方GCUには集中治療を要しない低出生体重児や黄疸の赤ちゃんが入院します。
いずれの赤ちゃんも平均在院日数は全国平均より短くなっております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 11.0 15.9 0.0 70.6  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 6.6 9.1 2.8 65.3  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 69 4.4 6.8 0.0 58.2  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 51 5.0 5.6 0.0 36.8  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 50 12.0 17.6 0.0 76.4  
外科に入院された患者さんのうちDPCコード上位5疾患を示しております。
当院はがん診療連携拠点病院で、平成28年度は外科全手術例の44%が がんの手術でした。データに示した結腸がん、胃がんの他、直腸がん、肝胆膵がん、食道がんの手術を多く行っています。当院のもう一つの診療の柱が救急疾患です。データで示した胆嚢疾患(胆石・胆嚢炎)や虫垂炎(俗に言う”盲腸”)、腸閉塞などがこの範疇にはいります。
もちろん一般的な病気にも対応しており、鼠径ヘルニア(俗に言う脱腸)の短期入院手術も行っております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 65 7.7 10.3 0.0 61.8  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 59 7.4 11.6 0.0 59.8  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 36 5.9 6.6 0.0 61.5  
090010xx99x9xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等29あり 19 3.0 7.3 15.8 58.2  
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 13.6 - -  
当科では乳癌の手術が主として行われていますが、良性乳腺疾患の手術も行っています。乳癌の手術では、温存術や乳房切除術以外に皮下乳腺全摘術も行っています。センチネルリンパ節生検はラジオアイソトープと色素の併用法で術中迅速診で行っています。平均年齢がやや高齢ですが、ほとんどの方の術後経過は良好で術後6日以内に退院されています。術後のリハビリは専門スタッフが担当いたします。進行乳癌症例には術前化学内分泌治療を行っています。放射線治療も当院で可能です。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 161 18.7 27.6 75.8 81.4  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 120 18.3 22.5 25.0 71.0  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 103 9.7 11.9 0.0 33.3  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 99 20.1 24.4 13.1 71.6  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 98 19.4 26.3 14.3 73.9  
整形外科では脊椎疾患、関節疾患(人工関節、関節鏡)、骨折(外傷)に対する手術を行っています。術後1週間程度で初期の急性期治療は終了します。脊椎疾患や高齢者の大腿骨頚部骨折の患者さんでは術後にリハビリテーションのための転院を調整しています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 132 8.2 10.0 0.0 45.0  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 122 4.9 6.4 0.0 40.5  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 114 11.7 13.3 0.0 55.3  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 85 4.8 5.1 0.0 54.6  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 75 9.0 10.4 0.0 49.0  
当院では、婦人科悪性疾患の治療を積極的に行っています。正確な診断のもと、エビデンスのある手術治療、化学療法を適切に提供しています。
また良性疾患の、子宮筋腫、卵巣のう腫等については、腹腔鏡手術を積極的におこない、入院期間の短縮が可能となっております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 52 6.3 7.5 0.0 52.8  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 50 7.9 8.1 0.0 23.9  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 34 4.9 5.5 0.0 39.4  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 33 6.1 7.7 0.0 57.9  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 25 7.3 9.3 0.0 65.0  
当科では一般耳鼻科で取り扱う炎症性疾患から頭頸部腫瘍のような専門知識の必要な疾患まで幅広く対応することが可能です。
また、入院期間に関しても患者さんの負担にならないよう短期で済むよう心がけております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 127 6.1 7.4 0.8 72.2  
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 46 3.0 5.3 0.0 70.2  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 44 4.6 5.8 4.6 65.5  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 30 10.1 13.4 0.0 67.5  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 24 9.6 12.4 33.3 64.7  
当院は地域がん診療連携拠点病院と三次救急病院に指定されている関係上、泌尿器がんと尿路結石が関与する重症の尿路感染症の患者さんの入院が多くを占めています。なかでも最も多いのが膀胱がんです。
近年は特に高齢化及び循環器系の併存疾患をお持ちの高リスクの方が増えていますが、総合病院の特徴を生かし、関係する多くの科との協同で診療に当たっています。
また、救急入院を確実に受け入れるためにはベッドの確保が必要です。そのためには救急患者の地域内での病病連携が重要です。
当院は以前からこのようなシステムを構築しており、その結果が感染症患者の転院率に現れています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 118 7.8 9.9 25.4 73.5  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 4.0 7.5 34.6 58.6  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 10.1 19.4 71.4 66.6  
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 8.3 10.2 0.0 63.0  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 2.2 3.2 0.0 64.5  
頭蓋内損傷は、すべて救急入院患者となります。当院は三次救急を受ける病院でもあり重症患者さんが多いのも特徴です。また、最近の特徴でもありますが、高齢者が多くなっています。従って、転帰として自宅退院となる前にリハビリ転院していただくことも多いです。手術なしの患者さんは、軽症であることも多く、平均在院日数も少なく、早い時期に、近隣のリハビリ病院に転院していただくことが多いです。
非外傷性頭蓋内血腫は、いわゆる脳出血が該当します。手術の有無に関わらず、多くは麻痺や失語症などの後遺症が見られますので、高率にリハビリ病院への転院となります。未破裂脳動脈瘤の脳血管内手術は、当院で一番力を入れている分野です。症例数も多いのですが、基本的には予定手術であり、合併症なく治療を終えますので、早期に自宅退院となります。転院が必要になることはほとんどありません。
未破裂脳動脈瘤、手術なしは、多くは検査入院であり、術前の脳血管撮影入院(1泊2日)を行い、治療方法を綿密に検討しています。もちろん、最近のCT検査の進歩のおかげで、術前検査をCTで代用することもあります。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 5.3 5.8 0.0 34.3  
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 12 7.8 7.9 0.0 51.1  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 4.0 3.4 0.0 80.0  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 10 4.4 4.3 0.0 44.0  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 5.9 - -  
当院形成外科を受診される方のなかでは顔面外傷と皮膚ならびに皮下軟部組織腫瘍の方が多く、それらのうち顔面骨骨折、特に鼻骨骨折、頬骨骨折の治療には全身麻酔を要し、クリニカルパスに従って治療を行っております。
また、皮下腫瘍の大きなもの、軟部腫瘍、特に筋層下にあるものについては、こちらも全身麻酔が必要となり、良性のものについては4日間の入院治療を行っています。
また、乳腺科と共同して組織拡張器による乳房再建手術を行っています。その他、後天性眼瞼下垂症で合併症を伴う場合は局所麻酔下の手術ですが4日間の入院治療を行っています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 28 6.5 12.7 7.1 77.6  
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし 19 15.2 17.0 5.3 79.9  
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 8.4 17.4 0.0 75.1  
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし 10 2.1 8.1 0.0 78.0  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 10 30.1 24.7 0.0 75.5  
大動脈疾患は年々増加傾向にあり、開胸開腹手術、ステントグラフト治療の中から最適な治療もしくは組み合わせを選択しております。
弁膜症も増加傾向にある疾患の一つで、人工弁置換術、自己弁温存の弁形成術から最適な治療法を選択しています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 93 9.5 12.7 0.0 69.8  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 6.8 9.1 4.4 25.4  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 12.5 10.1 0.0 26.3  
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 12 6.5 10.3 0.0 59.6  
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 9.2 - -  
当科では、入院症例のほとんどが手術のための入院であり、また手術数の半数以上を肺の悪性腫瘍が占めます。
肺癌の手術では可及的に低侵襲の手術を目指すため、適応を満たす症例には胸腔鏡下手術、縮小手術(区域切除)を多用しております。
ここ最近は気胸の手術数も増加しております。
いずれの手術症例も、術後入院日数をできるかぎり短くし早期退院に努めております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 3.1 3.6 38.2 41.8  
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 15.3 11.8 0.0 60.8  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 15 7.3 10.2 53.3 55.9  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 5.8 7.5 41.7 57.0  
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 12 16.2 34.9 33.3 68.7  
DPCコード分類に従って当科症例を表示すると上記となりますが、このDPCコードは過度に細分化され、また急性期疾患分類に適合していないために救命救急科入室対象の疾患実態をほとんど反映していません。
当救命救急科(三次救命救急センター)における平成28年入室1,105例を一般的な急性疾患分類によって表記すると、外傷142例(12.8%)、心・大血管疾患126例(11.4%)、脳血管障害117例(10.5%)が上位3疾患群を構成し、呼吸不全62例などがこれらに次ぎます。この分類とは別に来院時心肺停止例(CPAOA)229例を収容しました。これら疾患構成は、全国の救命救急センターあるいは都内の他の救命救急センターのものとほぼ一致します。急性中毒は全体で34例ありました。急性膵炎の20例は急性腹症65例の半数を占め、CHDFやドレナージを要するものもあり単一疾患とすればかなりまとまった数と言えます。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 59 20 22 46 31 27 1 7
大腸癌 54 72 67 64 15 44 1 7
乳癌 49 69 23 17 - 39 1 7
肺癌 93 25 80 149 70 173 1 7
肝癌 71 34 16 20 12 386 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
病期分類の占拠率に関し、胃癌はステージⅠ、大腸癌はステージⅡ、乳癌はステージⅡ、肺癌はステージⅣ、肝癌はステージⅠが多いことがわかります。
また、肺癌はステージⅣが149件(35.7%)と多くその影響は再発患者数にも出ています。
ただ肝癌はステージⅠが多く、ステージⅣが少ないのに他臓器と比べ、再発患者数が一番多いのは再発しやすい肝癌の特質が影響しているのではないかと思われます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
重症度 患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 34 8.3 48.0
中等症 122 12.5 75.4
重症 43 12.1 83.2
超重症 17 17.2 83.9
不明 - - -
市中肺炎は主に健常者か軽度の基礎疾患をもつ患者に発症します。
幅広い年代でみられますが、これは20歳未満を除いた集計です。
平均年齢とが上がるに連れて、重症度が上がっているのが分かります。
高齢になったら、肺炎球菌の予防接種が重要といえます。
市中肺炎ガイドラインによるA-DROPスコアを用いて重症度を分類しました。
(この表には誤嚥性肺炎・ウイルス性肺炎・インフルエンザ等は含まれません。)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 38 3.5 67.2 0.0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 333 17.9 74.7 50.1
その他 14 17.6 65.1 2.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 19 14.1 70.5 5.3
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率です。
それぞれ、発症から3日以内とその他に分けて集計しました。
当院の特徴としては、「脳梗塞」で緊急入院後、「急性期治療」におよそ18日間 (17.9日および17.6日) かかったのちに、約5割(50.1%、2.0%)の方が、継続的な治療「回復期」リハビリテーション病院を中心とした病院に転院されています。
いったん脳卒中を発症すると、麻痺などの後遺症が残り、すぐに自宅にはもどれない場合があり、急性期の治療から、回復期リハビリテーションへ円滑につないでいくことが重要となります。
回復期リハビリテーションをより早期に開始することが、患者さんにとっての後遺症の克服につながりますので、リハビリテーション病院との連携をさらにスピーディに行うことが重要と考えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 292 0.8 2.5 0.3 64.6  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 193 1.6 2.7 2.1 68.6  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 74 1.3 3.5 6.8 72.0  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 66 0.5 2.0 0.0 58.5  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 63 1.8 3.4 3.2 77.5  
基本的に、予定入院での治療では術前1日前の入院で、治療の種類にもよりますが術後2-3日での退院になることが多いです。提示した数字は、予定された治療目的の入院の患者さんの数字に加えて、緊急入院の患者さんも含んだ入院統計です。当院は救急病院の性質があり、他院からの治療依頼の転院転入もあります。救命センター経由の緊急入院や他院からの転院後、全身状態などが手術に適した状態になるのを待って治療をすることがあったり、また手術後に退院可能な状態になるまでの時間が必要なこともあります。その事情により、術後の時間が長くなる場合があることや、転院が必要になることが数字で示されています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 200 1.6 7.7 1.0 73.4  
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 110 1.3 6.3 0.9 73.0  
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) 90 1.1 5.2 0.0 72.1  
K654 内視鏡的消化管止血術 77 0.2 7.1 7.8 70.0  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 1.2 2.0 1.6 68.8  
肝がんは早期発見すれば局所根治が可能なため、定期的な超音波検査やCT検査を軸として、造影超音波検査やEOB造影MRI検査での質的検査を加えて、早期発見のための総合的な画像診断に力を入れています。
肝がんの局所治療はラジオ波焼灼療法を独自に工夫したtwo step法でおこない、大型肝がんにはバイポーラー・ラジオ波装置、治療困難な部位に存在する肝がんには術前3D simulation、Fusion技術、針先ナビゲーション技術、人工腹水・胸水下穿刺や造影超音波ガイド穿刺を駆使しています。
2㎝未満で見つかった肝がんの生存率は5年68%、2㎝以上でも60%,となっています。ラジオ波焼灼療法の適応は、3㎝以下、3個以内を原則としており、これを超える場合には主として肝動脈塞栓治療を選択しています。
肝動脈塞栓治療は、術前に3D simulationを行うことで最適な治療方法を選択し、抗がん剤の注入とゼラチンスポンジによる超選択的な血管塞栓を行う方法と、薬剤溶出ビーズを用いる方法を使い分けています。肝動脈塞栓治療は、放射線科専門医と共同で行っています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 109 6.3 9.4 5.5 70.6  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 72 1.7 2.7 8.3 71.5  
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -  
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -  
当科の手術は、透析に必要な内シャント設置術が1位、次いで、内シャントの狭窄を修復する経皮的血管形成術が2位となっております。
内シャント設置術は、腎機能が低下して、近い将来透析になることが予想される場合に、あらかじめ事前に作成しておくことが望ましく、多くの方はそうしていますが、腎不全の進行により尿毒症となったり、心不全を併発するなどして、急に透析が必要となって、緊急透析用のカテーテルを用いて、透析をしながら、状態が安定してから作成する場合もあります。
上腕動脈表在化手術は、おもに、心機能が低下して、内シャントを作成すると心不全がおきるおそれがある場合に、内シャントの代わりとして作成しています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 20 3.1 3.5 0.0 62.6  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  
K745 肛門周囲膿瘍切開術 - - - - -  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K5221 食道狭窄拡張術(内視鏡) - - - - -  
大腸がんに対する抗がん薬治療(FOLFOX療法、FOLFIRI療法)などの際に、お薬を日単位で持続注入するための処置です。2泊3日ほどの入院で処置は完了します。放射線科の先生にご依頼して施行します。胸の近くの静脈血管にカテーテルチューブを埋込んで、皮膚の上から針がさせるようにします。予測される合併症は、疼痛、出血、感染、気胸などです。発生した際には適切に処置を行います。針は少し練習をすればご自身で抜くことも可能です。針を抜いた後はお風呂に入ることもできます。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 115 1.0 1.2 0.0 68.0  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 1.2 2.2 0.0 57.1  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 67 3.1 10.4 1.5 71.8  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 58 2.2 7.9 0.0 69.0  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 51 0.5 3.5 0.0 36.8  
外科で行っている手術をKコード分類件数の多い5術式について列記しました。当科では従来の成績・安全性を確保した上で、腹腔鏡下手術など体の負担が少なくなるよう低侵襲治療に取り組んでいます。
当院はがん診療連携拠点病院で、平成28年度は外科全手術例の44%が がんの手術でした。なかでも結腸(大腸の一部)がんの手術が最も多く、計125症例のうち腹腔鏡補助下手術を58例(46%)行っています。
当院のもう一つの診療の柱が救急疾患です。胆石症、胆嚢炎、虫垂炎に関しては腹腔鏡下手術を基本として行っています。
鼠径ヘルニアの手術は鼠径部を直接切開して行う従来からの方法の他に、腹腔鏡を用いておなかの内側からヘルニアを治す方法も取り入れております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 52 1.5 5.0 0.0 64.2  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 45 1.2 5.2 0.0 61.1  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.2 3.7 0.0 61.5  
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない)) 10 1.0 6.6 0.0 51.8  
K4769 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴う)) - - - - -  
当科では乳癌の手術が主として行われていますが、良性乳腺疾患の手術も行っています。乳癌の手術では、原則手術前日に入院され、翌日に手術を行います。糖尿病でコントロールが必要な方は内科に入院され加療後、手術前日に乳腺科に転科されます。同時再建術を行った方以外はほとんどの方が術後6日以内に退院されます。平均年齢は、やや高齢ですが術後の経過は良好です。これからも長期の入院は避け、短縮に努めます。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 211 2.2 16.5 15.2 73.3  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 168 1.2 9.2 44.6 68.7  
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 135 4.5 19.8 48.2 71.8  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 130 1.0 4.2 10.0 53.0  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 88 2.1 13.2 22.7 73.9  
整形外科では脊椎疾患、関節疾患(人工関節、関節鏡)、骨折(外傷)に対する手術を行っています。術後1週間程度で初期の急性期治療は終了します。肩関節など上肢の手術では術後1週間で自宅に退院しそのあとは外来通院でリハビリテーションを行います。
脊椎疾患や高齢者の大腿骨頚部骨折の患者さんでは術後にリハビリテーションのための転院を調整しています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 204 0.0 1.0 0.0 41.9  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 180 1.0 3.0 0.0 40.4  
K877 子宮全摘術 139 1.3 6.8 0.0 49.2  
K879 子宮悪性腫瘍手術 82 1.8 11.4 0.0 55.3  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 79 1.0 5.1 0.0 46.8  
当院婦人科では手術治療を年間約1,000例を扱っています。当院では地域がん拠点病院であり悪性疾患の手術治療を積極的に行っています。
2016年度は子宮頸部切除術は204例、子宮及び卵巣の悪性疾患手術は150例でした。
また良性子宮、付属器疾患では適応によりますが、多くが腹腔鏡下手術で行っており、5日間程度の短期入院での治療が可能となっています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 52 1.0 6.2 0.0 27.8  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 35 1.0 4.7 0.0 53.4  
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 20 1.0 3.7 0.0 57.9  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.0 3.8 0.0 52.4  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 17 0.9 1.7 0.0 67.5  
当科では扁桃腺摘出術や内視鏡下副鼻腔手術が全体の約1/3を占めており、そのほかの大半は頸部腫瘍の手術を中心に行っております。
一般的な耳鼻咽喉科で行われる手術から専門性の高い手術まで幅広く対応することが可能となっております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 126 1.1 4.0 0.8 72.2  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 79 0.5 3.4 16.5 70.0  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 50 0.9 3.2 6.0 68.2  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 30 1.0 8.1 0.0 67.5  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 1.1 6.4 0.0 67.3  
当院は地域がん診療連携拠点病院と三次救急病院に指定されている関係上、泌尿器がんと尿路結石や重症の尿路感染症の患者さんの入院が多くを占めています。最も多いのが膀胱がんです。
心筋梗塞、心房細動、脳梗塞や糖尿病、免疫抑制剤服用という併存疾患をお持ちの高リスクの方が年々増えています。同時に重症な尿路感染症で緊急入院となる方が増えています。速やかな尿管ステント留置と抗菌薬投与が必要です。
当院は地域医療連携を積極的に推進しており、救急入院した患者さんの状態が安定すれば近隣の医療機関に転院していただいて治療を継続することが特徴と言えます。結石手術はこのような方が中心です。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 92 1.2 20.6 25.0 62.5  
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 81 0.7 9.5 25.9 77.3  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 41 6.8 32.1 26.8 61.7  
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 28 3.1 7.6 3.6 62.8  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 22 5.6 14.6 22.7 75.0  
脳血管内手術は、脳動脈瘤(未破裂、破裂)と頚動脈狭窄、脳腫瘍の栄養血管塞栓術などに用いています。破裂脳動脈瘤はくも膜下出血を呈しており、救急車で来院することがほとんどであり重症です。入院が長くなったり、転院することが多い疾患です。未破裂脳動脈瘤の血管内治療は、低侵襲治療の代表であり、短期間入院の後に自宅退院となります。
慢性硬膜下血腫は、麻痺などの症状が出て手術することが多く、術後は時にリハビリ治療が必要になり、リハビリ専門病院に転院することもあります。最近の特徴として、高齢者が多くなっていることもあり、ますますそのような傾向があります。
頭蓋内腫瘍摘出術は、良性腫瘍はほとんど予定手術ですので、術後早期に自宅退院となります。下垂体腺腫は内視鏡を使用し、より低侵襲に治療しています。神経膠腫は悪性腫瘍の代表格ですが、神経機能障害が術前より出ていることが多く、また通常、術後に放射線化学療法を行いますので、入院期間は長くなります(通常2ヶ月)。がんの脳転移も悪性腫瘍のひとつで、当院には高精度放射線治療機器も備わっており、同時に積極的に摘出術を行っています。
経皮的頚動脈ステント留置術は、頚動脈狭窄に対する血管内治療です。術前術後の評価を十分に行い、治療を行っています。多くは高齢者で、心疾患の合併症の患者さんも多く、時にリハビリ病院に転院して、体力をつけて自宅退院の方針です。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 10 1.0 2.0 0.0 80.0  
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 10 1.0 5.0 0.0 49.6  
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
当院形成外科では後天性眼瞼下垂症で合併症を伴う場合は、局所麻酔下の手術ですが4日間の入院治療を行っています。
また、乳腺科と共同して組織拡張器による乳房再建手術を行い、その後ゲル充塡人工乳房を用いた乳房再建手術を全身麻酔下で7日間の入院で行っています。
当院形成外科を受診される方のなかでは顔面外傷と皮膚ならびに皮下軟部組織腫瘍の方が多く、それらのうち鼻骨骨折の治療には全身麻酔を要し、当科ではクリニカルパスに従って4日間の入院治療を行っております。
また、皮下腫瘍の大きなもの、軟部腫瘍、特に筋層下にあるものについては、こちらも全身麻酔が必要となり、良性のものについては4日間の入院治療を行っています。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 22 2.5 15.0 4.6 74.9  
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 20 2.2 4.9 10.0 79.2  
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 19 4.9 18.8 5.3 67.0  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 3.3 6.2 7.7 74.1  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 13 0.1 1.2 0.0 77.3  
心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプ)症例が心臓手術の中でも一番多く、冠動脈バイパス術の95%以上です。
大動脈瘤治療に関しては、胸部、腹部ともにステントグラフト治療が増加しています。
ステントグラフト治療に付随する血管塞栓術は、手術の1-2週間前に単独で処置を終了することが多いです。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 39 1.3 7.1 0.0 69.1  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 24 1.7 6.7 0.0 70.6  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 21 8.2 3.0 0.0 27.6  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 15 1.0 5.5 0.0 70.4  
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 13 1.0 4.2 0.0 54.9  
当科では、入院症例のほとんどが手術のための入院であり、また手術数の半数以上を肺の悪性腫瘍が占めます。
肺癌の手術では可及的に低侵襲の手術を目指すため、適応を満たす症例には胸腔鏡下手術、縮小手術(区域切除)を多用しております。
ここ最近は気胸の手術数も増加しております。
いずれの手術症例も、術後入院日数を出来る限り短くするよう努めております。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 13 11.0 23.5 53.9 69.9  
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -  
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -  
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10cm以上)(その他のもの) - - - - -  
救命救急科収容症例には重症外傷142例、脳血管障害117例などを含みますが、手術適応になるものも多くは整形外科、脳神経外科で手術されることが多く、胸腹部外傷も血管塞栓術(IVR)での治療が増え、救命救急科での手術例はKコードで表記するとそれぞれまとまった数になりません。
当科での診療につきましては、当科の紹介のページがございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群  同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 44 0.3
異なる 10 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 112 0.7
異なる 23 0.1
手術・処置の合併症(MDC180040)というと術後すぐの合併症がイメージされますが、ICD-10(※)ルールに則り、コーディングされたものが影響しています。
例を挙げると、一番多いものでは透析シャントの狭窄などの改善目的入院で約40件、他には人工関節や体内挿入物の弛み、頭蓋内固定物の突出なども含まれます。
昨年より、傷病名選択に有用である厚生労働省作成「DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト」を参考に、DPCコーディング委員会で検討して見直した結果、当該項目の件数は減少傾向にあります。
臨床上ゼロにはなりえないものですが、医療の質のため少しでも改善に努めています。
(※)ICD-10とは、疾病および関連保健問題の国際統計分類のこと。異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。
更新履歴
2017/09/29
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2016/09/30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

①診療環境と機能に関する指標

病床利用率

病床利用率

算出定義

延在院患者数/許可病床数×365日

平均在院日数

平均在院日数

算出定義

24時現在延在院患者数/(入院患者数+退院患者数)/2

紹介率

紹介率

算出定義

紹介患者数/(初診患者数-休日・夜間に受診した救急患者数)

逆紹介率

逆紹介率

算出定義

逆紹介患者数/(初診患者数-休日・夜間に受診した救急患者数)

救急車台数

救急車台数

算出定義

救急車受入件数:救急患者のうち、来院方法が「救急車」の患者数

1日平均外来患者数

1日平均外来患者数

1日平均入院患者数

1日平均入院患者数

患者満足度(外来)

患者さま満足度調査の結果 <外来部門>
患者さま満足度調査の結果 <外来部門>

患者満足度(入院)

患者さま満足度調査の結果 <入院部門>
患者さま満足度調査の結果 <入院部門>

全手術件数+手術難度DとEの手術件数

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は、外科的手技の技術的評価を目的として、各手技の難易度評価を行っています。具体的には、手術技術度区分(技術の難しさ)、手術直接協力者数(何人のチームで手術を行うのか)、手術所要時間などを勘案しながら難易度をAからDの区分に設定しています。
各患者さんがどのような難易度の手術を受けたのかを分析し、その結果を示しました(B~E のみ)。

手術難易度
A 初期臨床研修医レベル
B 初期臨床研修医修了者レベル
C 基本領域の専門医レベル
D 領域の専門医もしくは基本領域の専門医更新者や指導医取得者レベル
E 特殊技術を有する専門医レベル

分母:上記期間中の入院に於ける手術日の件数(1入院期間の複数回の手術を計上)
分子:手術難易度分類別の手術数
※同一手術内で複数の術式がある場合、難易度が高い術式を計上しました。

    B難度 C難度 D難度 E難度 手術合計
件数 2012年度 905 1,788 4,907 119 7,719
2013年度 458 1,793 5,082 149 7,482
2014年度 516 2,117 5,855 177 8,665
2015年度 419 1,463 5,040 147 7,069
2016年度 451 1,334 5,848 217 7,850

全手術件数+手術難度DとEの手術件数

②医療の安全と質の向上に関する指標

褥瘡発生率

褥瘡発生率

算出定義

院内褥瘡発生数/(調査月の新入院患者数+前月最終日在院患者数)

入院患者の転落・転倒発生率

入院患者の転落・転倒発生率

算出定義

転倒・転落した患者数(○件)/在院延患者総数(○名)

再入院率(30日以内)

再入院率(30日以内)

算出定義

再入院率30:
退院した日から30日後までに再入院している。
前回入院、今回入院の入院中の主な診療目的が「その他の加療」である。
今回入院の契機となった傷病名(ICD10)が、前回入院の「入院の契機となった傷病名」、「主傷病名」、「医療資源を最も投入した傷病名」のいずれかのICD10である。 DPCデータ(IVE)より抽出

再入院率(6週間以内)

再入院率(6週間以内)

算出定義

再入院率42:
退院した日から42日後までに再入院している。
前回入院、今回入院の入院中の主な診療目的が「その他の加療」である。
今回入院の契機となったMDC6が、前回入院の「入院の契機となった傷病名」、「主傷病名」、「医療資源を最も投入した傷病名」のいずれかのMDC6である。 DPCデータ(IVE)より抽出

死亡者数と死亡退院率

精死亡退院数(入院後48時間以後の死亡率)

精死亡退院数(入院後48時間以後の死亡率)

算出定義

『死亡者数』-(到着時死亡等)+『死亡者数24時間以内)』+『死亡者数48時間以内)』÷『退院患者数(死亡を含む)』×100

全死亡数(入院後48時間以内死亡も含む)

全死亡数(入院後48時間以内死亡も含む)

算出定義

『死亡者数』÷『退院患者数(死亡を含む)』×100

剖検率

剖検率

算出定義

『剖検数』÷『死亡者数』×100

③職員の健康管理に関する指標

職員の健康診断率 前期

職員の健康診断率 前期

職員の健康診断率 後期

職員の健康診断率 後期

職員のインフルエンザ予防接種率

職員のインフルエンザ予防接種率

④虐待予防に関する指標

CAPS症例数
<CAPSとは>

児童、配偶者、高齢者、障害者などへの虐待は大きな社会問題となっておりますが、医療機関はこうした虐待の早期発見、予防、対処をおこなう責務を負っています。
当院では職員各自が常に虐待に対する意識や対処の知識を持つとともに、病院全体で組織的に対応することが重要と考えます。そのために医師、看護師、助産師、医療ソーシャルワーカーなど虐待にかかわる診療科や部署を中心に虐待防止対策のためのCAPSチーム(Child Abuse虐待、Prevention防止、System)を組織し、実際の虐待への対処や予防、職員への啓蒙などの幅広い活動を行っております。外来や病棟において虐待早期発見のためのチェックリストなどを活用し、CAPSチームのメンバーと担当医療者が協力して被虐待者の保護・支援や関係機関への連絡などを迅速に行うことにより着実な成果を上げています。

CAPS症例数

算出定義

小児:小児虐待として取り扱った総数(児童相談所通告例は除く)
児童相談所通告小児:病院から児童相談所へ通告した小児虐待の総数
周産期(産科):妊娠中の虐待として取り扱った総数
成人:成人虐待(高齢者、障害者、ドメスティックバイオレンス)として取り扱った総数

⑤職員数や指導医数などに関する指標

職員の状況(月平均)

職員の状況(月平均)

再掲

再掲

看護

看護

算出定義

看護師:看護師・准看護師・助産師・保健師
(助産師):助産師再褐
看護補助者:クラーク・助手・介護員

医療技術

医療技術

指導医の研修医に対する割合

指導医の研修医に対する割合

算出定義

指導医:医師の臨床研修に係る指導医講習会 受講修了者数
研修医:初期研修医の人数
割合:指導医÷研修医のパーセント

⑥産科医療に関する指標

分娩の状況

総分娩数

総分娩数

帝王切開率

帝王切開率

算出定義

帝王切開数÷総分娩数

ハイリスク分娩数

ハイリスク分娩数

算出定義

ハイリスク分娩管理加算ありの数

ハイリスク分娩率

ハイリスク分娩率

算出定義

ハイリスク分娩管理加算÷総分娩数

分娩数は年間1,100~1,200件で推移していますが、地域基幹病院としてハイリスク妊婦を多く受け入れるようになり帝王切開率が25%から32%へ増加し、ハイリスク分娩加算率も12%から20%へ上昇しています。

⑦がん医療に関する指標

がん登録(初回治療症例件数)
  2011年
(平成23年度)
2012年
(平成24年度)
2013年
(平成25年度)
2014年
(平成26年度)
2015年
(平成27年度)
頭頸部 43 38 26 19 43
食道 38 25 28 21 46
207 182 185 166 203
大腸 296 229 257 233 378
肝臓 148 149 151 152 157
胆嚢・胆管 33 23 35 22 32
膵臓 54 59 43 45 40
169 168 167 160 230
白血病 92 43 53 65 34
皮膚 37 38 24 17 51
乳腺 184 183 164 189 184
子宮 124 79 101 82 225
卵巣.卵管 22 44 33 36 31
前立腺 122 133 110 148 144
腎・腎盂・尿管 38 63 38 42 53
膀胱 70 60 80 72 94
頭蓋内 42 22 23 31 47
甲状腺 - 11 - - 14
悪性リンパ腫 70 44 63 58 68
算出定義

症例は他施設での初回治療開始後は含ず。
10件以下は-と表記
脳腫瘍は良性腫瘍を含む。

院内がん登録とはがん診療拠点病院の要件の中の一つでもあり、がん診療向上を目的とし行われています。1腫瘍1登録とし、個人情報を除き、外来・入院データともに国立がん研究センターへ毎年提出し、集計されます。又、その結果は国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスにおいてお知らせされています。
表の初回治療症例件数とは未治療の腫瘍に対し、計画を立て、治療を実施した自施設の件数です。再発治療・他施設からの初回治療継続は含まれておりません。

がん緩和ケア研修修了者数

がん緩和ケア研修修了者数

日本がん治療認定機構のがん治療認定医数

 わが国では、がん治療水準の向上を目指して共通基盤となる臨床腫瘍学の知識、基本的技術に習熟し、医療倫理に基づいたがん治療を実践できる優れた医師(がん治療認定医)が認定されている。現在日本がん治療認定機構が”がん治療認定医”を、日本消化器外科学会が”消化器がん外科治療認定医”を認定している。

がん治療認定医数   基準:4月1日
2012年
(平成24年度)
2013年
(平成25年度)
2014年
(平成26年度)
2015年
(平成27年度)
2016年
(平成28年度)
14 18 20 18 17