日本赤十字社 武蔵野赤十字病院

膠原病・リウマチ内科膠原病・
リウマチ内科

診療科の紹介

膠原病・リウマチ内科では、関節リウマチをはじめとする膠原病全般の診療を行います。

膠原病はさまざまな臓器がおかされる全身疾患です。 また、その経過が非常に長期におよぶ慢性の病気でもあります。

多くの患者さんは「突然体調が悪くなった」「難病と言われた」「治らない病気と言われた」「治療には副作用があると言われた」と、非常に強い不安を抱えていらっしゃいます。
しかしながら、近年の関節リウマチ・膠原病の治療法の進歩は目覚ましく、特に関節リウマチに対する治療法は生物学的製剤の登場により大きく変わりました。
いまだに、膠原病を『完治』させることは困難ですが、少なくとも病状を安定させて通常の日常生活を送ることは、決して夢物語ではありません。

私たちは、患者さんひとりひとりの病状をしっかりと把握し、それぞれの患者さんに合った治療法を考えていきます。
また、患者さんの抱いている不安にもしっかりと向き合い、心と身体のケアに努めて参ります。

対象疾患

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎
  • 血管炎症候群
  • ・側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)
    ・高安病
    ・結節性多発動脈炎
    ・顕微鏡的多発血管炎
    ・アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)
    ・多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)
    ・ヘノッホ・シェーンライン紫斑病
  • 全身性強皮症
  • 混合性結合組織病
  • シェーグレン症候群
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 成人発症スティル病
  • ベーチェット病
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 強直性脊椎炎
  • その他の脊椎関節症
  • 反応性関節炎
  • IgG4関連疾患
  • 原因不明の関節炎
  • 再発性多発軟骨炎
  • ※「線維筋痛症」の診療は行っていません

治療内容

関節リウマチでは抗リウマチ薬や生物学的製剤、その他の膠原病では副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬が治療の中心となります。
どのような治療にも副作用がつきものですが、当科では「必要な治療は行う」「必要以上の治療はしない」をモットーに、患者さんが副作用で苦しむことのないように精一杯努めています。
また、全身のさまざまな臓器がおかされる疾患ですので、必要に応じてほかの診療科とも連携をとりつつ診療を行って参ります。

認定施設

  • 日本内科学会教育施設
  • 日本リウマチ学会教育施設

スタッフ紹介

常勤医師数

2名

部長:髙村 聡人 (たかむら あきと)

資格等

  • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
  • 日本臨床免疫学会評議員
  • 東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科、臨床教授
  • 東京都身体障害者福祉法第15条指定医講習会修了
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師:川﨑 和佳子 (かわさき わかこ)

専門領域

  • 内科、膠原病、リウマチ

資格等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師 (非常勤) :小宮 陽仁 (こみや ようじ)

資格等

  • 日本リウマチ学会専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

可能な検査・治療・器械について

検査

  • 各種自己抗体を含めた血液尿検査
  • レントゲン・CT・MRIなどの画像検査

治療

関節リウマチ

抗リウマチ薬 (メトトレキサート他) 、生物学的製剤 (レミケード、エンブレル、アクテムラ、ヒュミラ、シンポニー、シムジア、オレンシア) を中心とした標準的治療

その他膠原病

副腎皮質ステロイドと免疫抑制薬を中心とした標準的治療

受診するにあたってのお願い

当科を受診される患者さんの数は年々増加しておりますので、混乱を避け、患者さんやご紹介いただく先生方のご迷惑にならないよう、また当科を有効に利用していただくため、やむを得ず以下のような対応策をとらせていただいておりますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 紹介状 (診療情報提供書) と可能であれば検査データ (血液検査や画像) をご持参ください。
  • すでに膠原病やリウマチと診断され治療されている患者さんは、これまでの治療歴がわかるようにお薬手帳や経過のメモなどをご用意ください。
  • 紹介状を持参されていても、予約なしで直接来院された場合は、対応できかねる場合があります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

また、膠原病と診断された患者さんでも、治療によってある程度病状が落ち着いた場合には近隣の医療機関へご紹介させて頂きます。「武蔵野赤十字病院に通院を続けたい」とおっしゃって頂けることは大変ありがたいのですが、患者さんが増えすぎることで外来診療に支障を来すことがないように必要な対応ですので、あらかじめご了承下さい。紹介する医療機関は患者さんと相談して決めさせて頂きます。また、紹介に際しては当院から検査結果や処方内容も含めた紹介状を作成いたします。

診療実績

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
外来延べ患者数 3,041 3,821 5,410 5,881 6,268 6,767 6,993 7,521 6,989 6,952 6,805 7,213


臨床指標

2017年
関節リウマチ患者数:783人
上記のうち生物学的製剤・JAK阻害薬投与患者数:119人
1年間の新規関節リウマチ患者数:111人
上記のうち生物学的製剤・JAK阻害薬投与患者数:10人



初診の方は、おかかりの医療機関の紹介状と受診日の事前予約が必要となります。

ページのトップへ