日本赤十字社 武蔵野赤十字病院

泌尿器科泌尿器科

診療科の紹介

現代の医療は、多職種によるチーム医療、地域完結型治療が主流です。私たちは、この地域で高度急性期医療を担う武蔵野赤十字病院の一員として、院内外の各専門職と協同して急性期かつ高度な医療の中にも、丁寧な診療を提供させていただくことを目標としています。

そのためにはお一人お一人の診察に時間をかける必要があり、外来診療は完全紹介予約制とさせていただいております。

診断がついたらご自分に最もあった治療法を一緒に決めてまいりましょう。 他の施設をご紹介することもございます。 セカンド‧オピニオンも行っております。
入院が決まりましたら治療の説明書以外に入院中の経過を表にした書類 (クリニカルパス) をお渡しします。 ご入院の前にゆっくりとお読みいただき、入院の際にお持ち下さい。
当科では低侵襲治療に積極的に取り組んでいます。2019年よりロボット支援システムを導入し、前立腺がんの全摘手術を開始しました。また、2022年から腎がんの腎部分切除術を開始しました。いずれも学会からプロクター(指導医)として認定された医師を中心としたチームで行っています。腹腔鏡手術も、腎がんや腎盂・尿管がん、副腎腫瘍などに対して積極的に行っており、学会から認められた腹腔鏡技術認定医を中心としたチームで行っています。

そのほか、緩和ケアチームによる緩和ケア、管理栄養士による栄養指導、連携室による退院支援、在宅療養の相談など多くの職種との協同によるトータルな診療を行います。

急性期の治療 (手術など入院を必要とする治療) がお済みになり、症状が落ち着かれましたら、かかりつけ医に継続治療をお願いしております。 病状に変化が現れたり、詳しい検査や入院が必要になった時には再び当科で診察‧治療をいたします。
このような地域完結型の治療 (地域医療連携といいます) を行うには他の病院やクリニックの先生方とのチームワークが必要不可欠です。 特に前立腺がんについては2009年から東京都医療連携手帳を用いた共同診療を行っております。

認定施設

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設

 

初診の方は、おかかりの医療機関の紹介状と受診日の事前予約が必要となります。

「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)などの遺伝性腫瘍についてご相談を希望される方は遺伝外来へ」

スタッフ紹介

常勤医師数

5名

部長:山田 幸央(やまだ ゆきお)

専門領域

  • 泌尿器がん
  • ロボット手術
  • 腹腔鏡手術
  • 排尿障害

資格等

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本排尿機能学会専門医
  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 泌尿器ロボット支援手術プロクター
  • da Vinci Xi Modules for Surgeons修了
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師:田中 良典(たなか よしのり)

資格等

  • 日本泌尿器科学会指導医・専門医
  • ダヴィンチシステムトレーニング Console Surgeon daVinci
  • 緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師:藤 隼人(とう はやと)

専門領域

  • 泌尿器科全般

資格等

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師:安立 夢(あだち ゆめ)

専門領域

  • 泌尿器科

資格等

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師:佐々木 俊哉(ささき としや)

専門領域

  • 泌尿器科全般

資格等

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

可能な検査・治療・器械について

検査

  • 内視鏡 (軟性ファイバースコープによる膀胱‧尿道鏡) 、経直腸超音波、腹部超音波、尿流測定‧残尿測定
  • 前立腺針生検:外来での局所麻酔下検査、1泊2日入院での腰椎麻酔下検査の二通りをお選びいただけます。

主な治療

尿路悪性腫瘍

  • 前立腺がん…ロボット支援前立腺全摘除術、放射線療法IMRT(外来治療)、内分泌療法およびこれらの併用、PSA監視療法、化学療法、新規アンドロゲン受容体標的薬
  • 膀胱がん…経尿道的切除、膀胱全摘除(腸管利用尿路変向)、BCG 膀胱内注入、化学療法、免疫チェックポイント阻害剤治療
  • 腎盂・尿管がん…腹腔鏡手術、化学療法、免疫チェックポイント阻害剤治療
  • 腎がん…ロボット支援腎部分切除、腹腔鏡手術、分子標的薬治療、免疫チェックポイント阻害剤治療
  • 精巣腫瘍…化学療法や放射線療法と手術の併用による集学的治療

副腎腫瘍

  • 腹腔鏡手術

神経因性膀胱

  • 自己導尿による排尿管理

急性感染症

  • 腎盂腎炎、精巣上体炎、前立腺炎

救急疾患

  • 外傷、精索捻転など

血尿の精密検査

  • 各種検診、人間ドックで指摘される血尿

器械

  • da Vinci Xi (ロボット支援手術システム)
  • 腹腔鏡手術、内視鏡(膀胱鏡、尿管鏡)、経直腸超音波断層装置、尿流率測定装置、ホルミウム・ヤグレーザー

診療実績

2022年
手術室を使用した手術件数 433件
主な手術・検査の件数

ロボット支援下手術 前立腺全摘 44件
腎部分切除術 3件
腹腔鏡手術 腎摘除術 9件
腎尿管全摘除術 6件
副腎摘除術 9件
開腹手術 腎摘除術 3件
腎部分切除術 3件
膀胱全摘除術 6件
膀胱部分切除術 2件
その他 3件
経尿道的膀胱腫瘍切除術 132件
高位精巣摘除術 4件
前立腺生検 231件

初診の方は、おかかりの医療機関の紹介状と受診日の事前予約が必要となります。

ページのトップへ