日本赤十字社 武蔵野赤十字病院

研究論文研究論文

  1. 産婦人科
  2. 消化器科
  3. 整形外科
  4. 循環器科
  5. 外科
  6. 小児科
  7. 内分泌代謝科
  8. 血液内科
  9. 眼科
  10. 腎臓内科
  11. 泌尿器科
  12. 特殊歯科・口腔外科
  13. 腫瘍内科
  14. 感染症科
  15. 新生児科
  16. 皮膚科
  17. 緩和ケア科
  18. 薬剤部
  19. 呼吸器科
  20. 耳鼻咽喉科・頭頚部外科
  21. 心療内科・精神科
  22. 総合診療科
  23. 呼吸器外科
  24. 麻酔科
  25. 看護部
  26. 神経内科
  27. 栄養課
  28. 放射線科
  29. 健診部
  30. 心臓血管外科
  31. 形成外科
  32. リハビリテーション科
  33. 医療安全推進室
  34. 感染管理室

産婦人科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
梅澤 聡 〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 1 がん腫別・治療の「成り行き」がわかる 9 子宮頸がん
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
井上 双葉 妊娠を契機に診断され増悪した神経性食欲不振症合併妊娠の2例
産婦人科の実際(0558-4728)65巻13号
金原出版
2016年12月
菅野 素子 胎盤ポリープに対して、子宮動脈塞栓術と子宮鏡下切除術を併用し治療した症例と経過観察で消失した症例の検討
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌(1884-9938)32巻
日本産科婦人科内視鏡学会
2016年11月
井上 双葉 脊髄損傷合併妊娠の1例
東京産科婦人科学会会誌(2186-0599)65巻4号
東京産科婦人科学会
2016年10月
本田 理貢 外陰部硬化性萎縮性苔癬(Lichen sclerosus)の1例
東京産科婦人科学会会誌(2186-0599)65巻2号
東京産科婦人科学会
2016年4月

消化器科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
田中 将平
黒崎 雅之
特集 1ページでわかる内科疾患の診療ノート “あたりまえ”のなかにある大事な視点 第7章:肝・胆・膵 B 型・C 型慢性肝炎
内科 129(4)
南江堂
2022年4月
玉城 信治
黒崎 雅之
Hepatocellular Carcinoma Risk Assessment for Patients With Advanced Fibrosis After Eradication of Hepatitis C Virus
Hepatology communications 6(3)
Wiley Periodicals
2022年3月
樋口 麻友
玉城 信治
Longitudinal association of magnetic resonance elastography-associated liver stiffness with complications and mortality
Alimentary pharmacology & therapeutics 55(3)
Wiley-Blackwell
2022年2月
金子 俊
黒崎 雅之
The dynamics of quantitative SARS-CoV-2 antispike IgG response to BNT162b2 vaccination
Journal of medical virology 93(12)
Wiley-Liss
2021年12月
玉城 信治
黒崎 雅之
Diagnostic accuracy of hepatocellular carcinoma risk prediction models during antiviral therapy in chronic hepatitis B patients
Hepatology research 51(11)
Blackwell Publishing
2021年11月
玉城 信治
黒崎 雅之
Atherosclerotic cardiovascular disease risk difference in metabolic dysfunction-associated fatty liver disease and nonalcoholic fatty liver disease
Hepatology research 51(11)
Blackwell Publishing
2021年11月
玉城 信治
黒崎 雅之
Attenuation coefficient (ATT) measurement for liver fat quantification in chronic liver disease
Journal of medical ultrasonics 48(4)
Springer Verlag
2021年10月
玉城 信治
黒崎 雅之
Liver fibrosis and fatty liver as independent risk factors for cardiovascular disease
Journal of gastroenterology and hepatology 36(10)
Blackwell Scientific Publications
2021年10月
金子 俊
黒崎 雅之
Hepatitis B core-related antigen predicts disease progression and hepatocellular carcinoma in hepatitis B e antigen-negative chronic hepatitis B patients
Journal of gastroenterology and hepatology 36(10)
Blackwell Scientific Publications
2021年10月
黒崎 雅之 専門外の医師にこそ知ってもらいたい ―B型肝炎・C型肝炎の基礎知識から肝炎撲滅に向けた最新治療まで―
東京内科医会会誌 37(2)
東京内科医会
2021年10月
早川 優香
土谷 薫
Early experience of atezolizumab plus bevacizumab therapy in Japanese patients with unresectable hepatocellular carcinoma in real-world practice
Investigational new drugs
Springer
2021年9月
黒崎 雅之 特集/TACE再考 〔巻頭言〕これからのTACEの役割
肝胆膵 83(3)
アークメディア
2021年9月
金子 俊
黒崎 雅之
Prognosis of intrahepatic cholangiocarcinoma stratified by albumin-bilirubin grade
Hepatology research 51(8)
Blackwell Publishing
2021年8月
稲田 賢人
金子 俊
Tenofovir alafenamide for prevention and treatment of hepatitis B virus reactivation and de novo hepatitis
JGH open 5(9)
John Wiley & Sons Australia
2021年8月
黒崎 雅之 C型肝疾患の今後の課題 -肝炎,肝硬変,肝癌- 6 DAA耐性変異
消化器内科 3(7)
医学出版
2021年6月
樋口 麻友
玉城 信治
Changes of liver stiffness measured by magnetic resonance elastography during direct-acting antivirals treatment in patients with chronic Hepatitis C.
Journal of medical virology 93(6)
Wiley-Liss
2021年6月
板倉 潤
黒崎 雅之
Applicability of APRI and FIB-4 as a transition indicator of liver fibrosis in patients with chronic viral hepatitis.
Journal of gastroenterology 56(5)
Springer International
2021年5月
土谷 薫
黒崎 雅之
The Real-World Data in Japanese Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma Treated with Lenvatinib from a Nationwide Multicenter Study
Cancers 13(11)
MDPI
2021年5月
桐野 桜
玉城 信治
Dynamic evaluation of hepatocellular carcinoma prediction models in patients with chronic hepatitis B receiving nucleotide/nucleoside analogue treatment.
Journal of viral hepatitis 28(5)
Blackwell Scientific Publications
2021年5月
桐野 桜
黒崎 雅之
消化器診療"虎の巻"-あなたの切実なギモンにズバリ答えます!】肝胆膵 (Q22)NASHが疑われる患者。専門医に紹介するタイミングは?
総合診療 31(4)
医学書院
2021年4月
前屋舗 千明
黒崎 雅之
【消化器診療"虎の巻"-あなたの切実なギモンにズバリ答えます!】肝胆膵 (Q24)C型肝炎の薬はどこまで進歩したの?どの患者まで適応が拡大している?
総合診療 31(4)
医学書院
2021年4月
黒崎 雅之 C型肝炎の治療戦略――C型肝炎治療ガイドラインの活用(第7版と第8版の改訂ポイント)
月刊薬事 63(4)
じほう
2021年3月
泉 並木 特集:肝癌の新たな流れと治療の進歩 序文
医学と薬学 78(4)
自然科学社
2021年3月
安井 豊
土谷 薫
特集:肝癌の新たな流れと治療の進歩 腫瘍マーカー・バイオマーカー・画像診断による薬物療法の効果判定
医学と薬学 78(4)
自然科学社
2021年3月
黒崎 雅之 特集 最適治療を目指すなら押さえておきたい C型肝炎の治療戦略 C型肝炎の治療戦略――C型肝炎治療ガイドラインの活用(第7版と第8版の改訂ポイント)
月刊薬事 63(4)
じほう
2021年3月
玉城 信治 特集 いまさら聞けない! 肝胆膵疾患 みなさんのギモンに答えます 肝硬変の診断と合併症に対する治療 肝硬変の非侵襲的診断――肝硬度の測定
medicina 58(3)
医学書院
2021年3月
泉 並木 特集 いまさら聞けない! 肝胆膵疾患 みなさんのギモンに答えます 総論 肝胆膵疾患の診療の進歩と留意点
medicina 58(3)
医学書院
2021年3月
玉城 信治
黒崎 雅之
Change in Fibrosis 4 Index as Predictor of High Risk of Incident Hepatocellular Carcinoma After Eradication of Hepatitis C Virus.
Clinical infectious diseases
Oxford University Press
2021年2月
黒崎 雅之 特集1 肝硬変診療ガイドラインの改正をめぐって 肝硬変の抗ウイルス療法の改正点
消化器・肝臓内科 9(2)
科学評論社
2021年2月
黒崎 雅之 【新しい肝硬変診療~ガイドライン2020を紐解く~】肝硬変の治療(抗ウイルス療法と栄養療法)
日本消化器病学会雑誌 118(1)
日本消化器病学会
2021年1月
玉城 信治
黒崎 雅之
Clinical Utility of Mac-2 Binding Protein Glycosylation Isomer in Chronic Liver Diseases.
Annals of laboratory medicine 41(1)
Korean Society for Laboratory Medicine
2021年1月
金子 俊 Clinical validation of an immunochromatographic SARS-Cov-2 IgM/IgG antibody assay with Japanese cohort.
Journal of medical virology 93(1)
Wiley-Liss
2021年1月
山下 洸司 肝・胆道系症候群(第3版) -その他の肝・胆道系疾患を含めて- 肝臓編(上) Ⅰ.感染症 1.ウイルス性肝炎 ヘルペスウイルス肝炎(EBウイルス)
別冊 日本臨牀 領域別症候群シリーズNo.13
日本臨牀社
2021年1月
玉城 信治
黒崎 雅之
Wisteria floribunda Agglutinin-Positive Mac-2 Binding Protein as a Screening Tool for Significant Liver Fibrosis in Health Checkup.
International journal of molecular sciences 22(1)
MDPI
2020年12月
金子 俊
土谷 薫
Strategy for advanced hepatocellular carcinoma based on liver function and portal vein tumor thrombosis.
Hepatology research 50(12)
Blackwell Publishing
2020年12月
金子 俊
黒崎 雅之
Liver injury with COVID-19 based on gastrointestinal symptoms and pneumonia severity.
PLoS One 15(11)
Public Library of Science
2020年11月
桐野 桜
玉城 信治
Validation of hepatocellular carcinoma risk scores in Japanese chronic hepatitis B cohort receiving nucleot(s)ide analog.
Journal of gastroenterology and hepatology 35(9)
Blackwell Scientific Publications
2020年9月
中西 裕之
早川 優香
Impaired brain function improved by L-carnitine in patients with cirrhosis: evaluation using near-infrared spectroscopy
Scientific reports 10(1)
Nature Publishing Group
2020年8月
金子 俊
黒崎 雅之
Detectable HBV DNA during nucleos(t)ide analogues stratifies predictive hepatocellular carcinoma risk score
Scientific reports 10(1)
Nature Publishing Group
2020年8月
玉城 信治
黒崎 雅之
Comparison of medication adherence and satisfaction between entecavir and tenofovir alafenamide therapy in chronic hepatitis B
Journal of medical virology 92(8)
Wiley-Liss
2020年8月
玉城 信治
黒崎 雅之
Validation of albumin, bilirubin, and platelet criteria for avoiding screening endoscopy in patients with advanced fibrosis
Hepatology research 50(8)
Blackwell Publishing
2020年8月
黒崎 雅之 2020年のC型肝炎 -Total CureとPost SVR- 座談会 治療の現況と残された問題点
肝胆膵 81(1)
アークメディア
2020年7月
泉 並木 新型コロナ感染症医療現場最前線 平時からの迅速な切り替えが重要 経験をポストコロナに生かせ
時評 62(7)
時評社
2020年7月
板倉 潤
黒崎 雅之
Features of resistance-associated substitutions after failure of multiple direct-acting antiviral regimens for hepatitis C
JHEP reports 2(5)
Elsevier
2020年6月
黒崎 雅之 シリーズ:診療ガイドライン at a glance C型肝炎治療ガイドライン(第7版) B型肝炎治療ガイドライン(第3.1版)
日本内科学会雑誌 109(6)
日本内科学会
2020年6月
泉 並木 名医が教える日本人の病気の最新治療 全疾患101人の名医が解説! がん 肝がん
新「名医」の最新治療2020
朝日新聞出版
2020年6月
大澤 玲於奈
玉城 信治
Wisteria floribunda Agglutinin-Positive Mac-2 Binding Protein but not α-fetoprotein as a Long-Term Hepatocellular Carcinoma Predictor
International journal of molecular sciences 21(10)
MDPI
2020年5月
黒崎 雅之 糖尿病と肝臓の深い関係 ―最新の検査と治療薬
東京保険医新聞 2020年5月25日号
東京保健医協会
2020年5月
桐野 桜
土谷 薫
Relative dose intensity over the first four weeks of lenvatinib therapy is a factor of favorable response and overall survival in patients with unresectable hepatocellular carcinoma.
PLoS One 15(4)
Public Library of Science
2020年4月
早川 優香
黒崎 雅之
B型肝炎患者の長期予後とC型肝炎の残された課題 2-3. 初回治療 代償性肝硬変に対する治療
消化器内科 2(5)
医学出版
2020年4月
大澤 玲於奈
黒崎 雅之
第2章 疾患・病態編 8 B型肝炎
消化器診療がわかる現場の教科書 診るロジックと薬の使い方
じほう
2020年4月
泉 並木 第9章 肝癌診療における病診・病病連携
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
黒崎 雅之 第8章 肝癌治療後のフォローアップ  B 肝癌RFA後のフォローアップの要点
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
土谷 薫 第6章 肝癌の治療  C 肝癌治療の実際  2.穿刺局所療法 b)ラジオ波焼灼療法(RFA)  4)人工腹水下RFA
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
泉 並木 第6章 肝癌の治療  C 肝癌治療の実際  2.穿刺局所療法 b)ラジオ波焼灼療法(RFA)  2)腹腔鏡下RFA
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
泉 並木 第6章 肝癌の治療  A 総論
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
土谷 薫 第5章 肝癌の診断  A 腫瘍マーカー
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
泉 並木 第4章 肝癌早期発見のためのサーベイランス
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
泉 並木 第1章 肝癌発癌機序・疫学とハイリスク患者の設定  E DAA治療による持続的ウイルス陰性化(SVR)後の発癌リスク
肝癌診療マニュアル (第4版)
医学書院
2020年4月
しみず たかお
土谷 薫
Distinctive magnetic resonance imaging findings of hepatocellular carcinoma after hepatitis C virus eradication with direct-acting antivirals
Hepatoma research 6(12)
OAE Publishing
2020年3月
はやし つぐる
玉城 信治
Use of the Serum Wisteria floribunda Agglutinin-Positive Mac2 Binding Protein as a Marker of Gastroesophageal Varices and Liver-Related Events in Chronic Hepatitis C Patients
Diagnostics 10(3)
MDPI AG
2020年3月
金子 俊
土谷 薫
The three criteria for radiological response on survival in patients with hepatocellular carcinoma treated with lenvatinib.
Hepatology research 50(1)
Elsevier
2020年1月
黒崎 雅之 8.肝・胆・膵疾患 非代償性肝硬変:腹水, 肝性脳症, 栄養療法ほか
今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY 2020
医学書院
2020年1月
玉城 信治
黒崎 雅之
NAFLD診断における線維化・脂肪化評価
日本内科学会雑誌 109(1)
日本内科学会
2020年1月
桐野 桜
黒崎 雅之
B 型肝炎に対する核酸アナログ治療
臨牀消化器内科 35(2)
日本メディカルセンター
2020年1月
樋口 麻友
玉城 信治
Prediction of Hepatocellular Carcinoma After Sustained Virological Responses Using Magnetic Resonance Elastography.
Clinical gastroenterology and hepatology 17(12)
W.B. Saunders
2019年11月
金子 俊
黒崎 雅之
Tenofovir alafenamide for hepatitis B virus infection including switching therapy from tenofovir disoproxil fumarate.
Journal of gastroenterology and hepatology 34(11)
Blackwell Scientific Publications
2019年11月
安井 豊
泉 並木
第6章 消化器系 48 黄疸
緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図 (第3版)
医学書院
2019年11月
黒崎 雅之 第1章 全身 3 全身倦怠感
緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図 (第3版)
医学書院
2019年11月
王 婉
土谷 薫
Sorafenib-Regorafenib Sequential Therapy in Japanese Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma-Relative Dose Intensity and Post-Regorafenib Therapies in Real World Practice.
Cancers 11(10)
MDPI
2019年10月
玉城 信治
黒崎 雅之
Hepatitis B surface antigen reduction as a result of switching from long-term entecavir administration to tenofovir.
JGH open 4(3)
John Wiley & Sons
2019年10月
黒崎 雅之
泉 並木
アベルマブとアキシチニブの併用療法phaseⅠb試験の結果と解釈
肝胆膵 79(3)
アークメディア
2019年9月
土谷 薫
黒崎 雅之
LEAP-002試験(レンバチニブ+ペムブロリズマブ)のtrial design
肝胆膵 79(3)
アークメディア
2019年9月
高田 ひとみ
黒崎 雅之
Baseline and Early Predictors of Good Patient Candidates for Second-Line after Sorafenib Treatment in Unresectable Hepatocellular Carcinoma.
Cancers 11(9)
MDPI
2019年8月
玉城 信治
樋口 麻友
Risk assessment of hepatocellular carcinoma development by magnetic resonance elastography in chronic hepatitis C patients who achieved sustained virological responses by direct-acting antivirals.
Journal of viral hepatitis. 26(7)
Blackwell Scientific Publications
2019年7月
玉城 信治
樋口 麻友
Wisteria floribunda agglutinin-positive mac-2 binding protein as an age-independent fibrosis marker in nonalcoholic fatty liver disease.
Scientific reports 9(1)
Nature Publishing Group
2019年7月
岡田 真央
黒崎 雅之
〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 1 がん腫別・治療の「成り行き」がわかる 6 肝がん
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
髙浦 健太 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 2 有害事象対策Q&A Q18 B型肝炎ウイルスの検査が必要だと聞きました. HBc抗体という検査項目もあるそうですが, なぜ調べる必要があるのですか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
金子 俊
黒崎 雅之
核酸アナログ投与と肝発癌
肝胆膵 78(6)
アークメディア
2019月6月
高田 ひとみ
黒崎 雅之
Real-life experience of lusutrombopag for cirrhotic patients with low platelet counts being prepared for invasive procedures.
PLoS One 14(2)
Public Library of Science
2019月2月
安井 豊 Non-invasive liver fibrosis assessment correlates with collagen and elastic fiber quantity in patients with hepatitis C.
Hepatology research 49(1)
Elsevier
2019月1月
安井 豊
黒崎 雅之
Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2 binding protein predicts early occurrence of hepatocellular carcinoma after sustained virologic response by direct-acting antivirals for hepatitis C virus.
Hepatology research 48(13)
Elsevier
2018月12月
黒崎 雅之 【研修医に求められる消化器診療のエッセンス 病棟、救急外来で必要な対応力と領域別知識が身につく!】 (第5章)消化器診療で押さえておきたいその他の重要事項 HBVとHCVについてすべての臨床医が知っておくべきこと
レジデントノート 20(14)
羊土社
2018月12月
黒崎 雅之 Real-world efficacy and safety of ledipasvir and sofosbuvir in patients with hepatitis C virus genotype 1 infection: a nationwide multicenter study by the Japanese Red Cross Liver Study Group.
Journal of gastroenterology 53(10)
Springer International
2018月10月
黒崎 雅之
泉 並木
【肝炎ウイルス制御時代の肝疾患診療】 C型肝炎ウイルス排除後の病態
日本消化器病学会雑誌 115(9)
日本消化器病学会
2018月9月
黒崎 雅之 Efficacy of daclatasvir plus asunaprevir in patients with hepatitis C virus infection undergoing and not undergoing hemodialysis.
Hepatology research 48(9)
Elsevier
2018月8月
土谷 薫
金子 俊
【急速に変貌する肝細胞癌の薬物療法2018 Update】 レンバチニブ REFLECTと実臨床でのレンバチニブの臨床経験
肝・胆・膵 77(2)
アークメディア
2018月8月
安井 豊
土谷 薫
【急速に変貌する肝細胞癌の薬物療法2018 Update】 ソラフェニブ 2剤を使いきるためにいかにTACE不応・TACE不適をどう見分けるか
肝・胆・膵 77(2)
アークメディア
2018月8月
泉 並木 Sofosbuvir-velpatasvir plus ribavirin in Japanese patients with genotype 1 or 2 hepatitis C who failed direct-acting antivirals.
Hepatology international 12(4)
Springer
2018月7月
土谷 薫
板倉 潤
【消化器治療薬の使い分け】 抗ウイルス薬 C型肝炎
月刊レジデント 11(7)
医学出版
2018月7月
土谷 薫
黒崎 雅之
【肝癌分子標的治療と今後の展望】 肝癌に対する癌抗体医薬の新展開 免疫チェックポイント阻害薬と抗VEGF抗体
消化器・肝臓内科 4(1)
科学評論社
2018月7月
高田 ひとみ
黒崎 雅之
Impact of pre-sarcopenia in sorafenib treatment for advanced hepatocellular carcinoma.
PloS one 13(6)
Public Library of Science
2018月6月
土谷 薫
安井 豊
レゴラフェニブ登場によるパラダイムシフト 進行肝細胞癌におけるregorafenib治療の初期経験
The Liver Cancer Journal (Suppl.1)
メディカルレビュー社
2018月6月
安井 豊
土谷 薫
Up-to-seven criteria as a useful predictor for tumor downstaging to within Milan criteria and Child-Pugh grade deterioration after initial conventional transarterial chemoembolization.
Hepatology research 48(6)
Elsevier
2018月5月
黒崎 雅之 Genome-wide association study identified new susceptible genetic variants in HLA class I region for hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma.
Scientific reports 8(1)
Nature Publishing Group
2018月5月
土谷 薫
黒崎 雅之
【消化器疾患における性差医療を考える】 肝腫瘍と性ホルモン・性差について
消化器・肝臓内科 3(5)
科学評論社
2018月5月
土谷 薫
中西 裕之
【肝疾患診療:残されたそして新たな課題】 肝性脳症をどう診断して治療するか?
肝臓クリニカルアップデート 4(1)
医学図書出版
2018月5月
高田 ひとみ
土谷 薫
肝臓 診断 肝腫瘍の悪性度診断~Bモード・エラスト・Sonazoid造影~ 肝細胞癌診療におけるSonazoid造影超音波検査の有用性
超音波医学 45(Suppl.)
日本超音波医学会
2018月4月
土谷 薫
安井 豊
【第42回超音波ドプラ・新技術研究会臨床研究集】 肝細胞癌に対する穿刺治療における工夫 経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)におけるtwo-step insertion methodの有用性 安全で確実なRFA治療の普遍的な確立を目指して
Rad Fan 16(5)
メディカルアイ
2018月4月
土谷 薫
黒崎 雅之
【肝胆膵がん】 肝炎ウイルスの制御により肝発がんは変わったか?
腫瘍内科 21(3)
科学評論社
2018月3月
中西 裕之
黒崎 雅之
【診断と治療のABC[131]肝硬変】 (第5章)合併症とその対策 こむら返り
最新医学 (別冊 肝硬変)
最新医学社
2018月2月
黒崎 雅之 肝細胞癌の新規治療と展望
"日本消化器病学会雑誌 116(1)"
日本消化器病学会
2019年1月
黒崎 雅之
板倉 潤
薬剤耐性変異と再治療
最新医学 別冊 診断と治療のABC 142
最新医学社
2019年1月
黒崎 雅之 HBVとHCVについてすべての臨床医が知っておくべきこと
レジデントノート 20(14)
羊土社
2018年11月
黒崎 雅之
泉 並木
C型肝炎ウイルス排除後の病態
日本消化器病学会雑誌 115(9)
日本消化器病学会
2018年9月
玉城 信治
黒崎 雅之
肝機能検査、いつもの読み方を見直そう!〜症例ごとの注目すべきポイントがわかり、正しい解釈と診断ができる 肝線維化マーカーはどう使えばいいの?
レジデントノート 20(10)
羊土社
2018年9月
黒崎 雅之 C型肝炎の再感染
ドクターサロン 62(7)
キョーリンメディカルサプライ株式会社
2018年7月
板倉 潤
黒崎 雅之
C型肝炎に対するインターフェロン・フリー再治療の考え方
Medical Science Digest 44(7)
ニュー・サイエンス社
2018年6月
黒崎 雅之 プライマリ・ケアでおさえておきたい重要薬・頻用薬 消化器薬 インターフェロン製剤
medicina 55(4)
医学書院
2018年4月
黒崎 雅之
板倉 潤
DAA耐性変異と再治療 DAA治療不成功例に出現する薬剤耐性変異とその特徴
肝胆膵 76(4)
アークメディア
2018年4月
黒崎 雅之 NAFLD診断における線維化スコアの比較
肝胆膵 76(2)
アークメディア
2018年2月
黒崎 雅之 肝・胆・膵疾患 B型慢性肝炎, 肝硬変:抗ウイルス療法
今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY 2018 [ポケット判]
医学書院
2018年1月
岡田 真央 肝がんの診断~治療の選択
月刊nursing がん種別治療とケアの流れがわかるガイド
学研メディカル秀潤社
2018年1月
樋口 麻友 B型肝炎に対するテノホビル治療
Mebio 35(1)
メジカルビュー社
2018年1月
黒崎 雅之 薬物療法 抗ウイルス療法 核酸アナログ製剤
プリンシプル消化器疾患の臨床3
ここまできた肝臓病診療
中山書店
2017年10月
泉 並木 薬物療法 局所療法
プリンシプル消化器疾患の臨床3
ここまできた肝臓病診療
中山書店
2017年10月
黒崎 雅之 【ウイルス肝炎のすべて】血液伝播するウイルス肝炎 C型肝炎 C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん
医学のあゆみ 262(14)
医歯薬出版
2017年9月
黒崎 雅之 DAA治療の現況と展望 ゲノタイプ2型のC型肝炎
最新醫學
最新医学社
2017年9月
黒崎 雅之 C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん
医学のあゆみ 262(14)
医歯薬出版
2017年9月
泉 並木
黒崎 雅之
肝疾患診療に役立つ肝線維化評価テキスト 肝生検から非襲的な検査の時代へ
肝疾患診療に役立つ肝線維化評価テキスト
肝生検から非侵襲的な検査の時代へ
文光堂
2017年9月
泉 並木
黒崎 雅之
C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん
週刊医学のあゆみ 第5土曜特集
ウイルス肝炎のすべて
医歯薬出版
2017年9月
黒崎 雅之 DAA治療の現況と展望 ゲノタイプ2型のC型肝炎
最新醫學
最新医学社
2017年9月
泉 並木
黒崎 雅之
肝疾患診療に役立つ肝線維化評価テキスト 肝生検から非襲的な検査の時代へ
肝疾患診療に役立つ肝線維化評価テキスト 肝生検から非侵襲的な検査の時代へ
文光堂
2017年9月
泉 並木
黒崎 雅之
C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん
週刊医学のあゆみ 第5土曜特集 ウイルス肝炎のすべて
医歯薬出版
2017年9月
黒崎 雅之 NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬:Peg-IFN, リバビリンとの3剤併用療法
B型・C型肝炎の抗ウイルス療法 最前線の治療エッセンス
医薬ジャーナル社
2017年7月
黒崎 雅之 肝疾患の治療薬 ~エキスパートはこう使う!~
NS3/4A プロテアーゼ阻害薬
肝疾患治療マニュアル: ガイドラインを理解し、応用する
南江堂
2017年6月
黒崎 雅之 B型慢性肝炎 ~複雑さを増すB型肝炎診療,今の時代のエッセンス~
臨床雑誌内科≪月刊≫
肝臓を診る(Vol.119 No.6)2017年6月号
南江堂
2017年6月
安井 豊 C型肝炎ウイルス排除後に肝細胞癌を発症した症例
Medical Practice 2017年5月号 (34巻5号)
文光堂
2017年5月
黒崎 雅之 免疫抑制療法時のB型肝炎ウイルス検査
皮膚科の臨床 59(6)
金原出版
2017年5月
黒崎 雅之 ワンポイントアドバイス
(2)免疫抑制療法時のB型肝炎ウイルス検査
疾患別・知っておきたい皮膚科の検査とその評価法
金原出版
2017年5月
黒崎 雅之 ウイルス肝炎
実地診療に活用したいウイルス肝炎の最新情報
【特集】
●扉
●座談会「インターフェロンフリー時代におけるウイルス肝炎の実地診療」
Medical Practice 2017年5月号 (34巻5号)
文光堂
2017年5月
板倉 潤 直接作用型抗ウイルス薬(DAA)治療不成功例の現状と対策
Medical Practice 2017年5月号 (34巻5号)
文光堂
2017年5月
黒崎 雅之 実地医家に必要ながん学
基本的最新の知識と必要な実地診療のすべて
IV.主ながんの診断と治療の実際 6.肝がん
Medical Practice 2017年臨時増刊号 (34巻)
文光堂
2017年4月
小宮山 泰之 Prediction of diuretic response to tolvaptan by a simple, readily available spot urine Na/K ratio
PLoS ONE
Public Library of Science
2017年3月
玉城 信治 Serum Wisteria Floribunda Agglutinin-Positive Sialylated Mucin 1 as a Marker of Progenitor/Biliary Features in Hepatocellular Carcinoma
Scientific Reports 7, Article number: 244 (2017)
SPRINGER NATURE
2017年2月
黒崎 雅之 C型肝炎SVR後の肝発癌
消化器疾患 最新の治療 2017-2018
南江堂
2017年2月
黒崎 雅之 肝性浮腫・腹水合併肝硬変のマネジメント
日本消化器病学会雑誌 114(1)
日本消化器病学会
2017年1月
玉城 信治 Hepatitis B surface antigen reduction by switching from long-term nucleoside/nucleotide analogue administration to pegylated interferon
Journal of Viral Hepatitis
John Wiley & Sons
2017年1月
安井 豊 発癌リスク因子としての臨床的意義の検討
The LIVER CANCER JOURNAL 2016.12 Vol.8 No.2
メディカルレビュー社
2016年12月
泉 並木 第52回日本肝癌研究会
The LIVER CANCER JOURNAL 2016.12 Vol.8 No.2
メディカルレビュー社
2016年12月
黒崎 雅之 肝性浮腫・腹水合併肝硬変のマネジメント
日本消化器病学会雑誌 第114巻 第1号
日本消化器病学会
2016年10月
黒崎 雅之 Tolvaptan for the Treatment of Refractory Ascites
Internal Medicine  2016; 55:2909-2910
PMC
2016年10月
高田 ひとみ Irregular vascular pattern by contrast-enhanced ultrasonography and high serum Lens culinaris agglutinin-reactive fraction of alpha-fetoprotein level predict poor outcome after successful radiofrequency ablation in patients with early-stage hepatocellular
Cancer Medicine
WILEY
2016年10月
板倉 潤 Complex Pattern of Resistance-Associated Substitutions of Hepatitis C Virus after Daclatasvir/Asunaprevir Treatment Failure
PLoS One
Public Library of Science
2016年10月
土谷 薫 Early hepatocellular carcinoma as a signaling lesion for subsequent malinancy
Japanese Journal of Clinical Oncology
OXFORD
2016年9月
中西 裕之 Novel Pretreatment Scoring Incorporating C-reactive Protein to Predict Overall Survival inAdvanced Hepatocellular Carcinoma with Sorafenib Treatment
Liver Cancer 2016, Vol. 5
Karger Publishers
2016年9月
小宮山 泰之 【透析患者の体液管理】
肝不全合併透析患者の体液管理
Fluid Management Renaissance
メディカルレビュー社
2016年7月
中西 裕之
黒崎 雅之
Urinary excretion of the water channel aquaporin 2 correlated with the pharmacological effect of tolvaptan in cirrhotic patients with ascites.
Journal of gastroenterology 51(6)
Springer International
2016年6月
黒崎 雅之 【目指せ!C型肝炎ウイルスの克服-肝がん制圧に向けての更なる挑戦-】
新たなる挑戦! NS5A 阻害薬治療不成功例における再治療は何か?
肝臓クリニカルアップデート Vol.2 No.1
医学図書出版
2016年5月
安井 豊 【肝細胞癌の分子解析と悪性度診断】
肝細胞癌の画像所見と分子診断
日本消化器病学会雑誌 第113巻 第5号
日本消化器病学会
2016年5月
中西 裕之 急性肝不全に対する分岐鎖アミノ酸投与は禁忌である
救急・集中治療 Vol.28
肝不全 -その常識は正しいか?-
総合医学社
2016年5月
安井 豊 Elastin Fiber Accumulation in Liver Correlates with the Development of Hepatocellular Carcinoma
PLoS One
Public Library of Science
2016年4月
中西 裕之
黒崎 雅之
Pretreatment Gastric Lavage Reduces Postoperative Bleeding after Endoscopic Submucosal Dissection for Gastric Neoplasms.
PLoS One 11(2)
Public Library of Science
2016年2月
泉 並木 JSH Guidelines for the Management of Hepatitis C Virus Infection: A 2016 update for genotype 1 and 2.
Hepatology research 46(2)
Elsevier
2016年2月

整形外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
小久保 吉恭 非定型大腿骨骨折に対して保存的治療を行った1例
整形外科 73(3)
南江堂
2022年3月
小久保 吉恭 整形外科手術における術中X線透視時間
整形・災害外科 65(1)
金原出版
2022年1月
辻井 東冴
小久保 吉恭
股関節に発生した滑膜骨軟骨腫症に対して前側方アプローチで腫瘍摘出術を施行した1例
整形外科 72(12)
南江堂
2021年11月
小久保 吉恭
中里 啓佑
人工膝関節全置換術の周術期に抗血栓薬の中止は必要か?
整形・災害外科 64(13)
金原出版
2021年12月
小久保 吉恭
長田 薫
左上肢から刺入した末梢静脈挿入式中心静脈カテーテル先端の位置
内科 128(5)
南江堂
2021年11月
小久保 吉恭
村澤 茂
人工股関節全置換術の周術期に抗血栓薬の中止は必要か
整形外科 72(11)
南江堂
2021年10月
小久保 吉恭
村澤 茂
上腕骨近位部骨折手術患者に対する骨粗鬆症への介入
整形・災害外科 64(10)
金原出版
2021年9月
小久保 吉恭
山崎 隆志
高度急性期病院における整形外科勤務医の働き方を考える
整形外科 72(10)
南江堂
2021年9月
小久保 吉恭
浅井 秀明
大腿骨頚部骨折に対する骨接合術の治療成績
整形外科 72(8)
南江堂
2021年7月
小久保 吉恭
望月 義人
人工股関節手術における医療の質指標作成の試み
日本人工関節学会誌 50
日本人工関節学会
2020年12月
小久保 吉恭
村澤 茂
高度急性期病院における四肢コンパートメント症候群の治療
整形外科 71(11)
南江堂
2020年10月
小久保 吉恭
浅井 秀明
橈骨遠位端骨折手術患者に対する骨粗鬆症への介入
整形外科 71(12)
南江堂
2020年11月
小久保 吉恭
山崎 隆志
人工関節手術における医療の質指標作成の試み
整形外科 71(10)
南江堂
2020年9月
小久保 吉恭
望月 義人
放射線照射後の股関節障害
整形外科 71(9)
南江堂
2020年8月
小久保 吉恭
浅井 秀明
てんかんを合併した関節窩に骨欠損を伴う反復性肩関節脱臼の1例
整形外科 71(3)
南江堂
2020年3月
江夏 元陽 橈骨遠位端骨折術後屈筋腱断裂とプレート設置位置との関連性
日本手外科学会雑誌 36(5)
日本手外科学会
2020年2月
小久保 吉恭
浅井 秀明
肘関節脱臼骨折の治療成績に影響する要因
整形外科 71(2)
南江堂
2020年2月
原 慶宏 骨転移マネジメント
臨床泌尿器科 74(1)
医学書院
2020年1月
小久保 吉恭
山崎 隆志
高度急性期病院における整形外科診療
整形外科 70(12)
南江堂
2019年11月
小久保 吉恭
浅井 秀明
骨折手術における質指標の有用性の検討
整形・災害外科 62(11)
金原出版
2019年10月
小久保 吉恭
浅井 秀明
大腿骨近位部骨折電子パスの導入による効果
整形・災害外科 62(9)
金原出版
2019年8月
小久保 吉恭
浅井 秀明
急性期病院における上肢の脱臼診療
整形外科 70(8)
南江堂
2019年7月
小久保 吉恭
山崎 隆志
足根管症候群の診断
整形外科 70(1)
南江堂
2019年1月
小久保 吉恭
山崎 隆志
骨折手術における医療の質指標作成の試み
整形外科 69(13)
南江堂
2018年12月
日野出 達樹
小久保 吉恭
橈骨遠位端骨折に対する掌側プレート固定術後の屈筋腱皮下断裂
整形外科 69(10)
南江堂
2018年9月
小久保 吉恭
山崎 隆志
原発性鎖骨下静脈血栓症の1例
整形外科 69(10)
南江堂
2018年9月
望月 義人
村澤 茂
人工骨頭置換術後脱臼の治療経験
整形外科 69(8)
南江堂
2018年7月
小久保 吉恭
山崎 隆志
整形外科周術期における抗血栓薬の管理
整形外科 69(8)
南江堂
2018年7月
小久保 吉恭
上垣 高次
(医療連携課)
電子パス使用率向上への取り組み
日本クリニカルパス学会誌 20(2)
日本クリニカルパス学会
2018年6月
小久保 吉恭
山崎 隆志
術後肺血栓塞栓症への対策
整形外科 69(7)
南江堂
2018年6月
小久保 吉恭
山崎 隆志
腰椎椎間関節に発症した偽痛風の1例
整形外科 69(4)
南江堂
2018年4月
山崎 隆志 Arachnoid isolation sign: A predictive imaging feature of spinal meningioma on CT-myelogram.
Clinical neurology and neurosurgery 168
Elsevier
2018年3月
山崎 隆志 滅菌機器の規格と現状、今後の展望 医療現場における保守・管理方法 整形外科領域の感染制御
日本防菌防黴学会誌 45(12)
日本防菌防黴学会
2017年12月
山崎 隆志 脊椎手術における安全性の医療の質指標作成の試み
整形外科 68巻2号
南江堂
2017年2月
原 慶宏 Psychometric Assessment of the Japanese Version of the Zurich Claudication Questionnaire (ZCQ):Reliability and Validity
PLoS One
Public Library of Science
2016年7月

循環器科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
足利 貴志 第 24 章 石灰化病変に対するDES,DCB治療
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
足利 貴志 第 23 章 石灰化を伴ったISR( neoatherosclerosis,stent underexpansion)の治療
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
足利 貴志 第 20 章 石灰化分岐部病変に対する治療の工夫
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
足利 貴志 第 19 章 レーザーの登場場面はあるか
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
足利 貴志 第 16 章 OAS 手技─応用  (2) 足利 貴志
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
足利 貴志 第 15 章 OAS 手技─基礎  (2) 足利 貴志
石灰化病変に対するインターベンションの全て
医学図書出版
2021年12月
渡辺 敬太
永田 恭敏
Impact of the sinus node recovery time after termination of atrial fibrillation during catheter ablation on clinical outcomes in patients with persistent atrial fibrillation
PloS one 16(11)
Public Library of Science
2021年11月
三井 健大朗 Multiple mycotic aneurysms with infective endocarditis: A case report
Journal of infection and chemotherapy 27(10)
Elsevier
2021年10月
原 信博
李 哲民
Effectiveness and Safety of Direct Oral Anticoagulants vs. Warfarin and Recurrence After Discontinuation in Patients With Acute Venous Thromboembolism in the Real World
Circulation journal
Japanese Circulation Society
2021年10月
宮崎 亮一
李 哲民
Optical coherence tomography findings on intima healing reaction using drug-coated balloon after orbital atherectomy for a heavily calcified coronary artery lesion
Cardiovascular intervention and therapeutics
Springer
2021年9月
金子 雅一
永田 恭敏
Geriatric nutritional risk index as a predictor of arrhythmia recurrence after catheter ablation of atrial fibrillation
Nutrition, metabolism, and cardiovascular diseases 31(6)
Elsevier
2021年6月
原 信博
李 哲民
Anticoagulant Therapy for Cancer-Associated Venous Thromboembolism after Cancer Remission
Annals of vascular diseases 14(2)
Nihon Myakkan Gakkai Scientific Information Division
2021年6月
宮崎 亮一
渡辺 敬太
Acute Ischemic Mitral Regurgitation Treated by Percutaneous Coronary Intervention after an Accurate Diagnosis on Transesophageal Echocardiography
Internal medicine 60(9)
Japanese Society of Internal Medicine
2021年5月
三井 健大朗
宮本 貴庸
Novel pathologic manifestation of idiopathic massive myocardial calcification
Cardiovascular pathology 50
Elsevier Science Pub. Co.
2021年1月
中谷 なつき
宮崎 亮一
Cervical Spine Osteomyelitis Caused by Campylobacter jejuni Without Gastrointestinal Symptoms
The American journal of medicine 135(1)
Excerpta Medica
2021年1月
足利 貴志 β-Blockers Reduced the Target Lesion Revascularization After Percutaneous Coronary Intervention Using an Everolimus-eluting Stent
In Vivo 36(1)
International Institute of Anticancer Research
2021年1月
原 信博
渡辺 敬太
Administration of Direct Oral Anticoagulant Immediately after Unfractionated Heparin Bolus for the Treatment of Intermediate-High-Risk Pulmonary Thromboembolism
Annals of vascular diseases 13(4)
Nihon Myakkan Gakkai Scientific Information Division
2020年12月
佐川 雄一朗
永田 恭敏
Long-Term Performance of Right Ventricular Implantable Cardioverter-Defibrillator Leads in Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy and Hypertrophic Cardiomyopathy
International heart journal 61(1)
International Heart Journal Association
2020年1月
足利 貴志 Comparison of 0.9-mm and 1.4-mm catheters in excimer laser coronary angioplasty for acute myocardial infarction.
Lasers in medical science 34(9)
Springer
2019年12月
永嶺 翔
足利 貴志
Rotational Atherectomy for Ablation of Multiple Channel Structure Observed by Optical Frequency Domain Imaging
The American journal of case reports 20
International Scientific Information
2019年11月
山口 徹雄
野里 寿史
Impact of the Preprocedural Nutrition Status on the Clinical Outcomes of Patients After Pacemaker Implantation for Bradycardia
Journal of cardiology 74(3)
Elsevier
2019年9月
足利 貴志 ⅩⅢ 新しいデバイス エキシマレーザー
これから始めるPCI 改訂第2版
メジカルビュー社
2019年9月
三輪 尚之
永田 恭敏
Effect of Diurnal Variations in the QRS Complex and T Waves on the Eligibility for Subcutaneous Implantable Cardioverter-Defibrillators
Heart rhythm 16(6)
Elsevier
2019年6月
山口 純司
永田 恭敏
New Implications for the Recurrence Mechanism of an Upper Septal Ventricular Tachycardia: A Case Report
European heart journal. Case reports 3(2)
Oxford University Press
2019年6月
原 信博 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 5 患者対応・患者説明に活かす知識 Q34 心房細動でワルファリンの処方が続いていましたが, 抗がん薬治療を始めるため, 新しい抗凝固薬に変更するとのことです. 薬の作用が異なるのですか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
足利 貴志 Treatment of In-Stent Restenosis by Excimer Laser Coronary Atherectomy and Drug-Coated Balloon: Serial Assessment with Optical Coherence Tomography.
Journal of Interventional Cardiology
Wiley
2019年4月
足利 貴志 新時代到来を予感させる循環器遠隔医療 遠隔医療としての冠動脈インターベンション
Heart View 22(13)
メディカルレビュー社
2018年11月
稲葉 理
山内 康照
Atrial Fibrillation Type Matters: Greater Infarct Volume and Worse Neurological Defects Seen in Acute Cardiogenic Cerebral Embolism Due to Persistent or Permanent Rather Than Paroxysmal Atrial Fibrillation
Europace 20(10)
Oxford University Press
2018年10月
足利 貴志 10 イメージングデバイスの合併症と対策 2 OCT/OFDI
血管内イメージングパーフェクトガイド
日本医事新報社
2018年7月
山口 徹雄
宮本 貴庸
Early Transfer of Patients with Acute Heart Failure from a Core Hospital to Collaborating Hospitals and Their Prognoses
International heart journal
International Heart Journal Association
2018年7月
土方 禎裕
宮本 貴庸
Hemorrhagic shock due to branch injury of the left internal thoracic artery two days after pericardiocentesis
Journal of Cardiology Cases 18(1)
Elsevier
2018年7月
佐川 雄一朗
永田 恭敏
Comparison of direct oral anticoagulants and warfarin regarding midterm adverse events in patients with atrial fibrillation undergoing catheter ablation.
Journal of Arrhythmia 34(4)
Wiley
2018年6月
足利 貴志 PCIにおけるIVUS/OCTの活かし方2018 後編 レーザーにおけるIVUSとOCT/OFDI
Coronary Intervention 14(3)
メディアルファ
2018年5月
足利 貴志 Excimer Laser Coronary Atherectomy
Textbook of Catheter-Based Cardiovascular Interventions:A Knowledge-Based Approach. 2nd ed. Volume 1
Springer Nature
2018年5月
稲葉 理
永田 恭敏
Impact of Impedance Decrease During Radiofrequency Current Application for Atrial Fibrillation Ablation on Myocardial Lesion and Gap Formation
Journal of Arrhythmia 34(3)
Wiley
2018年4月
山口 徹雄 Effect of Optimizing Guideline-Directed Medical Therapy Before Discharge on Mortality and Heart Failure Readmission in Patients Hospitalized With Heart Failure With Reduced Ejection Fraction
The American journal of cardiology 121(8)
Elsevier
2018年4月
山口 徹雄 Cardiac Magnetic Resonance Imaging of Very Late Intrapericardial Hematoma 8 Years after Coronary Artery Bypass Grafting
Internal medicine 57(7)
日本内科学会
2018年4月
原 信博
宮本 貴庸
Treatment Outcomes of Anticoagulant Therapy and Temporary Inferior Vena Cava Filter Implantation for Pregnancy Complicated by Venous Thrombosis
Annals of vascular diseases 11(1)
日本脈管学会
2018年3月
原 信博 Assessment of the Safety and Efficacy of Edoxaban for the Treatment of Venous Thromboembolism Secondary to Active Malignancy
Annals of Vascular Diseases 10(4)
日本脈管学会
2017年12月
山口 純司 Successful treatment of a massive pulmonary embolism using rivaroxaban in a patient with antithrombin III deficiency
Journal of Cardiology Cases 16(5)
Elsevier
2017年11月
稲葉 理
永田 恭敏
Verapamil-sensitive Atrial Tachycardia With a Slow Conduction Zone Near the Noncoronary Aortic Sinus and His Bundle
Clinical case reports 5(10)
John Wiley & Sons
2017年8月
土方 禎裕 A case of acute myocardial infarction due to coronary spasm that resulted in thrombi
Annals of Hematology and Oncology
Austin Publishing
2017年8月
土方 禎裕 Recurrent pulmonary emboli with characteristic histopathology
Cardiovascular pathology
Elsevier
2017年8月
山口 徹雄 Very early great saphenous vein graft aneurysm treated by percutaneous coronary intervention under ChromaFlo imaging guidance.
BMJ Case Reports
Jennifer Thomas
2017年7月
山口 純司 Recurrent hyperammonemia in an 80-year-old woman with congenital urea cycle abnormality
Open Journal of Clinical and Medical
Case Reports Volume3(2017)
Open Journal of Clinical and Medical
Case Reports
2017年6月
野里 寿史 Malondialdehyde-Modified Low Density Lipoprotein as Oxidative-Stress Marker in Vasospastic Angina Patients
International Heart Journal
J-STAGE
2017年5月
山口 徹雄 薬剤溶出性ステント留置後に脳出血が判明した急性心筋梗塞の一例
DVDと症例で学ぶ心血管インターベンション治療ベストプラクティス
南江堂
2017年4月
山口 徹雄 Predictive Value of QRS Duration at Admission for In-Hospital Clinical Outcome of Takotsubo Cardiomyopathy
Circulation Journal Vol.81
J-STAGE
2017年1月
永田 恭敏 不整脈分野の最近の話題
三鷹市医師会雑誌
三鷹医人従来
三鷹市医師会
2017年1月
宮﨑 亮一 ST上昇型急性心筋梗塞に対する冠動脈インターベンション後に急激な意識障害をきたし,頭部CTでクモ膜下出血が判明したため緊急開頭血腫除去術を要した1例
月刊心臓 2017年1月号 Vol.49 No.1
日本医学出版
2017年1月
山口 純司 心室頻拍を発症した閉塞性心室中部肥大型心筋症、冠攣縮性狭心症合併患者の一例
心臓 48巻 11号
日本循環器学会
2016年11月
山口 徹雄 Prognosis of super-elderly healthy Japanese patients after pacemaker implantation for bradycardia
Journal of Cardiology
ELSEVIER
2016年10月
山口 純司 Omental Flap Transposition for Inferior Vena Cava Filter Penetration.
Radiology Case Report
ELSEVIER
2016年10月
永田 恭敏 心房細動のようだけどwide QRS,これって何?-WPW症候群に合併した偽性心室頻脈
日本医師会雑誌 第145巻・7号
日本医師会
2016年10月
新井 紘史 Haemostasis with fibrin glue injection into the pericardial space for right ventricular perforation caused by an iatrogenic procedural complication
BMJ Case Reports
Jennifer Thomas
2016年5月
山口 純司 周術期に血栓塞栓による心筋梗塞を発症した二弁機械弁、慢性心房細動患者の一例
心臓 48巻 4号
日本循環器学会
2016年4月

外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
井ノ口 幹人
小郷 泰一
Roux-en-Y Reconstruction Following Distal Gastrectomy Reduced Endoscopic Reflux Esophagitis in Older Adults: Propensity Score–Matching Analysis
International Surgery 105(1-3)
International College of Surgeons
2021年10月
井ノ口 幹人 Feasibility of laparoscopic gastrectomy for patients with poor physical status: a retrospective cohort study based on a nationwide registry database in Japan.
Gastric Cancer. 23(2)
Springer
2020年3月
井ノ口 幹人 Is laparoscopic gastrectomy an oncologically safe procedure in serosa-positive (pT4a) gastric cancer patients?
Laparoscopic Surgery 2019
AME Publishing Company
2019年12月
嘉和知 靖之 〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 1 がん腫別・治療の「成り行き」がわかる 5 大腸がん
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
嘉和知 靖之 【最前線がわかる・プロセスがわかる がん腫別 治療とケアの"流れがわかる"ガイド】 がん腫別 治療の成り行きがわかる編 大腸がんの診断 治療の選択
月刊ナーシング 38(2)
学研メディカル秀潤社
2018年1月
古山 貴基 Proteasome activity is required for the initiation of precancerous pancreatic lesions.
Scientific reports 31(6)
Nature Publishing Group
2017年5月
加藤 俊介 武蔵野赤十字病院における外科教育の工夫
外科 79(3)
南江堂
2017年3月
嘉和知 靖之 第4章がんの治療 A 手術療法
系統看護学講座 別巻 がん看護学
医学書院
2017年1月
古山 貴基 Preoperative direct bilirubin to prothrombin time ratio index to prevent liver failure after minor hepatectomy.
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences 23(12)
Springer Japan
2016年12月
高松 督 Splenic Involement in Hereditary Hemorrhagic Telangiectasia
Case Reports in Medicine
Hindawi
2016年9月

小児科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
長澤 正之 Biomarkers of graft-vs-host disease: Understanding and applications for the future
World Journal of Transplantation 11(8)
Baishideng Pub. Group
2021年8月
中谷 久恵 Central diabetes insipidus developing in a 6-year-old patient 4 years after the remission of unifocal bone Langerhans cell histiocytosis
Clinical Pediatric Endocrinology 30(3)
日本小児内分泌学会
2021年7月
長澤 正之 急性GVHDのモニタリングと評価における新規T細胞特異的細胞外小胞の有用性
 
Springer Nature
2021年3月
長澤 正之
山口 佳美
Investigation of Anti-SARS-CoV-2 IgG and IgM Antibodies in the Patients with COVID-19 by Three Different ELISA Test Kits
Springer Nature comprehensive clinical medicine 23
Springer International Publishing
2020年7月
長澤 正之 第12章 感染症 72 多剤耐性菌感染症
病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程 第4版
医学書院
2020年11月
金田 朋也
岡田 麻理
日本海裂頭条虫症の駆虫に成功した4歳男児例
東京小児科医会報 38(3)
日本小児医事出版社
2020年3月
長澤 正之
足洗 美穂
Circulating CD3+HLA-DR+ Extracellular Vesicles Are Not Increased in the Acute Phase of Kawasaki Disease
SN Comprehensive Clinical Medicine
Springer Nature
2020年5月
桐野 玄
中谷 久恵
An eight-year-old girl with autoimmune polyglandular syndrome type3A that developed during the course of primary Epstein-Barr virus (EBV) infection: clinical implication of EBV in autoimmune thyroid disease.
Immunological Medicine
Taylor & Francis
2019年12月
長澤 正之 第1章 全身 17 易感染性
緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第3版)
医学書院
2019年11月
長澤 正之
足洗 美穂
Soluble Sortilin is elevated in the acute phase of Kawasaki Disease
Global Scientific Research Journal of Pediatrics 1(1)
Global Scientific Research Journals
2019年
岡田 麻理 Development of antibody mediated rejection shortly after acute cellular rejection in a pediatric kidney transplantation recipient
CEN Case Rep 7(2)
Springer Japan
2018年11月
桐野 玄
長澤 正之
Impact of D-dimer on the resistance to intravenous immunoglobulin therapy in Kawasaki Disease
GSL Journal of Pediatrics 1
Global Scientific Library
2018年9月
田村 友美恵
岡田 麻里
敗血症,分娩時血腫を伴わず,急速に拡大した新生児頭部皮下膿瘍の1例
小児科臨床 71(7)
日本小児医事出版社
2018年7月
松本 和明 Fitz-Hugh-Curtis Syndrome Preceded by Constipation in a 14-Year-Old Girl
Gynecology & obstetrics case report 4(1:57)
iMedPub Journals
2018年1月
金森 透 マイコプラズマ脳炎・脳症8例の臨床的検討
脳と発達 50(1)
診断と治療社
2018年1月
長澤 正之 Clinical Problems of Congenital and Perinatal Cytomegalovirus (CMV) Infection
ARC Journal of Pediatrics 4(1)
ARC Publications
2018年
足洗 美穂
真保 麻実
Evaluation of Kasawaki Disease Risk Scoring System in a Single Center Experience from Japan
Clinical Reserch in Pediatrics
Asclepius
2018年
長澤 正之 Effect of reduced-intensity conditioning and the risk of late-onset non-infectious pulmonary complications in pediatric patients
European Journal of Haematology 99(6)
Wiley
2017年12月
長澤 正之 Simultaneous assessment of blood coagulation and hematocrit levels in dielectric blood coagulometry
Biorheology
IOS Press
2017年10月
田村 友美恵 Rapidly progressive fatal respiratory failure by human metapneumovirus infection in a 2-year-old girl and review of the literature
Advances in Pediatric Research
Longdom Publishing
2017年8月
天野 沙織 入院時に白血球増多を認め,その後著明な好中球減少を呈したマイコプラズマ感染関連発作性寒冷へモグロビン尿症の1男児例
月刊誌 小児科臨床
第70巻-第3号(2017年3月) 
日本小児医事出版社
2017年3月
長澤 正之 A Stable Mixed Chimera After SCT with RIC in an Infant with IkBα Hypermorphic Mutation
Journal of Clinical Immunology
Springer
2017年2月
長澤 正之 Effect of circulating tissue factor on hypercoagulability in type 2 diabetes mellitus studied by rheometry and dielectric blood coagulometry
Biorheology 53(2016)209-219
IOS Press
2016年11月
長澤 正之 遺伝性球状赤血球症
小児内科 Vol.48 No10
東京医学社
2016年10月
長澤 正之 Severe neonatal CMV infection complicated with thrombotic microangiopathy successfully treated with ganciclovir
Journal of Infection and Chemotherapy
ELSEVIER
2016年9月
長澤 正之 Sequential virus monitoring of pediatric patients with hematopoietic stem cell transplantation by muliplex PCR method
Transplantation Open
oat
2016年8月
大柴 晃洋 アレルギー疾患
東京小児科医会報 別冊 Vol.35 No.1(通巻116号)
アレルギー疾患
東京小児科医会
2016年7月
長澤 正之 健康小児の帯状疱疹に合併した水痘・帯状疱疹ウイルスによる無菌性髄膜炎の2例
日本小児感染症学会:機関誌
小児感染免疫 Vol.28 No.3
日本小児感染症学会
2016年7月
長澤 正之 A Pediatric of Clinical and Experimental Transplantation
Journal of Clinical and Experimental Transplantation 2016; 1: 104 doi:10.4172/jcet.1000101
OMICS
2016年6月
長澤 正之 Recombinant Human Soluble Thrombomodulin is Effective for Severe Childhood EBV-HLH
Journal of Hematology&Thrombosis
Avents Publishing Group
2016年5月
岡田 麻理 Central venous catheter infection-related glomerulonephritis under long-term parenteral nutrition:a report of two cases
BMC research notes 9:196
BioMed Central
2016年4月
岡田 麻理 Oligomeganephronia様の組織像を呈し、新生児期の循環不全が腎機能障害の原因と考えられた2症例
日本小児腎臓病学会雑誌 Vol. 29 No. 1
一般社団法人 日本小児腎臓病学会
2016年4月

内分泌代謝科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
向田 幸世 肝癌に対するレンバチニブで甲状腺機能異常を呈した症例の検討
第30回臨床内分泌代謝Update Proceeding
日本内分泌学会
2021年7月
杉山 徹 Adrenal and Hepatic Venous Sampling in a Case of Aldosterone-Producing Adrenocortical Carcinoma with Hepatic Metastasis
Case Reports in Endocrinology
Hindawi
2021年4月
杉山 徹 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 2 有害事象対策Q&A Q17 高血糖の有害事象のある薬剤を使用する際, 糖尿病患者への対応はどうすればよいですか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
杉山 徹 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 2 有害事象対策Q&A Q16 抗がん薬投与中の患者がSIADHで電解質が乱れて不穏状態となりました. どのような治療法がありますか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
杉山 徹 高齢者の血糖コントロール設定
あなたも名医!スキルアップを目指す糖尿病薬物治療
日本医事新報社
2018年8月
杉山 徹 若年から中高年までの血糖コントロール設定
あなたも名医!スキルアップを目指す糖尿病薬物治療
日本医事新報社
2018年8月
太田 充胤 PRESで発症し早期診断に至った若年女性の副腎癌の1例
第27回臨床内分泌代謝Update proceeding
日本内分泌学会
2018年6月
杉山 徹 一酸化窒素(NO)
内分泌性高血圧診療マニュアル改定第2版
診断と治療社
2017年11月
早川 惠理 クロモグラニン測定の意義
褐色細胞腫診療マニュアル改定第3版
診断と治療社
2017年11月
杉山 徹 ホルモン受容体異常症
内科学 第11版
朝倉書店
2017年3月
杉山 徹 がん化学療法 くすりの知識アップデート〜すぐに役立つ最新Q&A 有害事象⑧高血糖
月刊ナーシング 37(2)
学研メディカル秀潤社
2017年1月
杉山 徹 がん化学療法 くすりの知識アップデート〜すぐに役立つ最新Q&A 有害事象⑦SIADH
月刊ナーシング 37(2)
学研メディカル秀潤社
2017年1月
杉山 徹 視床下部症候群
下垂体疾患診療マニュアル改定第2版
診断と治療社
2016年11月
大橋 忠将 鍼治療後に僧帽筋膿瘍・糖尿病ケトアシドーシスを生じた2 型糖尿病の1 例
糖尿病 59巻6号
日本糖尿病学会
2016年6月
杉山 徹 疾患および疾患別栄養管理:糖尿病
臨床栄養認定管理栄養士のためのガイドブック
東京医学社 
2016年3月
杉山 徹 下垂体
内分泌代謝専門医のセルフスタディ230
診断と治療社 
2015年12月
杉山 徹 膵癌・胆道癌 − 基礎と臨床の最新研究動向 - インスリノーマ
内分泌代謝専門医のセルフスタディ230
日本臨床73(増刊号3)
2015年3月

血液内科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
押川 学 〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 1 がん腫別・治療の「成り行き」がわかる 10 多発性骨髄腫
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
押川 学 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 1 薬物療法の注目ワードQ&A Q8 CMLの患者はイマチニブ(グリベック®)を内服することが多かったですが, 最近は効く薬が増えていきたと聞きました. どのように使い分けているのですか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
高野 弥奈 Myelodysplastic hematopoiesis mimicking the bone marrow in a mediastinal myelolipoma.
Clin Case Rep. 2017 Feb 15;5(4):385-388.
John Wiley & Sons
2017年4月

眼科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
篠原 宏成 病的近視の外科的治療
眼科グラフィック 8(1)
メディカ出版
2019年1月
篠原 宏成 Ultrawide-Field OCT to Investigate Relationships between Myopic Macular Retinoschisis and Posterior Staphyloma
Ophthalmology 125(10)
Elsevier
2018年10月
井出 光直 水痘帯状疱疹ウイルスによる急性網膜壊死の僚眼に急速な視野狭窄を生じた一例
眼科臨床紀要 11(8)
眼科臨床紀要会
2018年8月
池上 靖子 急性骨髄性白血病寛解期に再発を繰り返した浸潤性視神経症の1例
臨床眼科 70巻9号
日本臨床眼科学会
2016年9月

腎臓内科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
安藤 亮一 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 2 有害事象対策Q&A Q15 アバスチン®投与患者で, 尿タンパクの1日量測定になったのですが, 部分尿で概算できると聞きました. 検査値はどのようにみればよいのでしょうか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
安藤 亮一 第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症・その他 感染症 6.インフルエンザ
透析患者の検査値の読み方第4版
日本メディカルセンター
2019年1月
安藤 亮一 「2025年問題」を抱えた透析医療の今後
臨床透析 34(12)
日本メディカルセンター
2018年11月
安藤 亮一 【CKD-MBDのリン管理 栄養・薬物療法の実践力を身につける】 リン制限が必要なCKD-MBD患者への食事・栄養管理 経腸栄養管理の実践ポイント
薬局 69(11)
南山堂
2018年10月
安藤 亮一 【CKD-MBDのリン管理 栄養・薬物療法の実践力を身につける】 特集にあたって
薬局 69(11)
南山堂
2018年10月
安藤 亮一 CKD の進行とともにみられる骨・ミネラル代謝異常
CKD-MBD 3rd edition
日本メディカルセンター
2018年9月
安藤 亮一 【透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック】 感染症対策(CQ 60) 透析施設の院内感染対策はどのように行いますか?
臨床透析 34(7)
日本メディカルセンター
2018年6月
安藤 亮一 【透析:適正管理のポイント】 合併症の管理 感染症
腎と透析 84(6)
東京医学社
2018年6月
安藤 亮一 Ⅱ定期的に行われる検査 24.C型肝炎ウイルス
いまさら訊けない検査値のみかた、考え方Ver2
中外医学社
2018年6月
安藤 亮一 Ⅰ感染症の薬物治療 7.インフルエンザと迅速診断,抗ウイルス薬の適応と薬剤選択、投与法は?
CKD 患者の薬物治療 最初の一手と次の一手
文光堂
2018年3月
安藤 亮一 Ⅰ感染症の薬物治療 B 型慢性肝炎あり,抗ウイルス薬の適応と薬剤選択、投与法は?
CKD 患者の薬物治療 最初の一手と次の一手
文光堂
2018年3月
安藤 亮一 Q16.C型肝炎について透析患者における現状と治療法を教えてください
いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた、使いかた Ver2
中外医学社
2018年1月
安藤 亮一 1.感染症の薬物治療
7.インフルエンザと迅速診断、抗ウイルス薬の適応と薬剤選択、投与法は?
11.B型慢性肝炎あり、抗ウイルス薬の適応と選択、投与法は?
12.C型慢性肝炎あり、抗ウイルス薬の適応と選択、投与法は?
文光堂
2018年1月
安藤 亮一 巻頭言 東京都透析医会設立と災害対策
東京都臨床工学技士会会誌 54
東京都臨床工学技士会
2018年
安藤 亮一 "プロブレム14 安全対策 基本知識 コンサルト46 インフルエンザが流行しています。また感染性腸炎を疑う患者もいます。透析室でできることはなんですか?"
こんな時どうすれば!?透析患者の内科管理コンサルタント
金芳堂
2017年12月
安藤 亮一 委員会報告 危機管理委員会 医療安全への各方面からの取り組み
日本透析医学会雑誌 50(12)
日本透析医学会
2017年12月
安藤 亮一 Possible prevention of uremic nausea by vitamin D receptor activators in non-dialysis patients with stage 5 chronic kidney disease
Clinical and experimental nephrology 21(5)
Springer
2017年10月
黒崎 雅之 【ウイルス肝炎のすべて】血液伝播するウイルス肝炎 C型肝炎 C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん
医学のあゆみ 262(14)
医歯薬出版
2017年9月
安藤 亮一 血液透析患者の合併症と対応 1.心・血管系の合併症
基礎からわかる透析療法パーフェクトガイド 改訂第2版
学研メディカル秀潤社
2017年6月
安藤 亮一 血液透析患者の合併症と対応 2.腎性貧血
基礎からわかる透析療法パーフェクトガイド 改訂第2版
学研メディカル秀潤社
2017年6月
安藤 亮一 血液透析患者の合併症と対応 3.骨関節系の合併症(透析骨症)
基礎からわかる透析療法パーフェクトガイド 改訂第2版
学研メディカル秀潤社
2017年6月
安藤 亮一 血液透析患者の合併症と対応 4.感染症
基礎からわかる透析療法パーフェクトガイド 改訂第2版
学研メディカル秀潤社
2017年6月
安藤 亮一 血液透析患者の合併症と対応 5.悪性腫瘍
基礎からわかる透析療法パーフェクトガイド 改訂第2版
学研メディカル秀潤社
2017年6月
安藤 亮一 各論 4.社会的課題への対策の進歩 感染
腎と透析 82(5)
東京医学社
2017年5月
平澤 卓 Successful treatment by tocilizumab without steroid in a very severe case of TAFRO syndrome
Clinical and experimental nephrology case reports 6(1)
Springer
2017年5月
安藤 亮一 【透析患者の薬剤処方-ポリファーマシーを考える】 透析患者のサプリメントやトクホの服用
臨床透析 33(4)
日本メディカルセンター
2017年4月
安藤 亮一 透析患者さんの肝臓を考える  透析室におけるC型肝炎の感染対策
腎不全を生きる 55
(公財)日本腎臓財団
2017年3月
安藤 亮一 【透析医療:最近の話題】透析医療における感染予防ガイドライン 改訂のポイント
透析フロンティア 27(1)
扶桑薬品工業
2017年2月
安藤 亮一 長期透析の合併症治療 2.CKD-MBD:概念と管理の実際
腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019
南江堂
2017年1月
安藤 亮一 :診療最前線 腎障害患者の肝炎治療
たんじゅうさん 15(2)
アークメディア
2017年1月
安藤 亮一 がん化学療法 くすりの知識アップデート~すぐに役立つ最新Q&A 有害事象⑧ 腎機能障害
月刊ナーシング 37(2)
学研メディカル秀潤社
2017年1月
安藤 亮一 Ⅳ.合併症の管理・対応
Q03.透析患者が伝染性のある感染症に罹りました。どう対応すればよいですか?
Q09.肝炎ウイルスが陽性とわかりました。どう対応すれば良いですか?
そうだったんだ!透析患者―外来・入院診療で迷わないための35のアドバイス
文光堂
2017年1月
安藤 亮一 Dialysis therapy, 2015 year in review 5.感染症
日本透析医学会雑誌 49(12)
日本透析医学会
2016年12月
安藤 亮一 Dialysis therapy, 2015 year in review5
感染症
日本透析医学会雑誌 Vol.49(2016)No.12
日本透析医学会
2016年12月
安藤 亮一 透析における医療安全を考える~医療事故調査制度への対応と医療安全へのレジリエンス・エンジニアリングの導入
日本透析医学会雑誌 49(11)
日本透析医学会
2016年11月
安藤 亮一 透析における医療安全を考える~医療事故調査制度への対応と医療安全へのレジリエンス・エンジニアリングの導入
日本透析医学会雑誌 Vol.49(2016)No.11
日本透析医学会
2016年11月
安藤 亮一 【腎と感染症】 透析患者の感染症 インフルエンザ
腎と透析 81(4)
東京医学社
2016年10月
安藤 亮一 【透析患者の感染症】
インフルエンザ
腎と透析 81巻4号(10月増大号)
東京医学社
2016年10月
安藤 亮一 (第17章)腎代替療法(腎移植を除く)
血液透析における感染症予防
腎と透析2016年80巻増刊号
東京医学社
2016年6月
安藤 亮一 Ⅱ各論 1高リン血症治療薬(リン吸着薬)2ビキサロマー
高リン血症治療薬Best Choice―エキスパートのコツから学ぶ
医薬ジャーナル社
2016年6月
安藤 亮一 腎臓病の食事療法と低栄養への対応
ヒューマンニュートリション 栄養管理の症例と実践 2016.5-6月号(No.41)
日本医療企画
2016年5月
安藤 亮一 Q40 透析患者での結核の現状は?
Q41 β2-ミクログロブリン吸着カラムの使い方
これだけは知っておきたい透析療法
中外医学社
2016年4月
安藤 亮一 Ⅱ感染症 Q16.C型肝炎について透析患者における現状と治療法を教えてください
いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた,使いかたQ&A
中外医学社
2015年6月

泌尿器科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
竹村 光太郎 開腹およびロボット支援下根治的膀胱摘除術における周術期アウトカムと医療費の比較
Japanese Journal of Endourology 31(2)
日本泌尿器内視鏡学会
2018年9月
田中 良典 Preoperative chronic kidney disease is predictive of oncological outcome of radical cystectomy for bladder cancer.
World journal of urology 36(2)
Springer International
2018年2月
田中 良典 Efficacy of post-nephroureterectomy cisplatin-based adjuvant chemotherapy for locally advanced upper tract urothelial carcinoma: a multi-institutional retrospective study
World Journal of Urology 35(10)
Springer International
2017年10月
田中 良典 Oncologic Outcome of Metastasectomy for Urotherial Carcinoma: Who is the Best Candidate?
Annals of surgical oncology 24(9)
Springer
2017年9月
田中 良典
川合 剛人
Nomogram for predicting survival of post-cystectomy recurrent urothelial carcinoma of the bladder
Urologic Oncology 35(7)
Elsevier Science
2017年7月
田中 良典 尿閉のアセスメントと治療
月刊薬事 59(3)
じほう
2017年2月
田中 良典
川合 剛人
Clinical characteristics of testicular germ cell tumors in patients aged 50 years and older: A large-scale study from the Cancer Registration Committee of the Japanese Urological Association
International Journal of Urology 24(2)
Blackwell Science Asia
2017年2月
田中 良典 Efficacy of post-nephroureterectomy cisplatin-based adjuvant chemotherapy for locally advanced upper tract urothelial carcinoma: a multi-institutional retrospective study
World Journal of Urology 35(10)
Ann Surg Oncol Vol.24 2794-2800
2017年
田中 良典 前立腺がん地域連携クリティカルパス
日本医師会雑誌 145(8)
日本医師会
2016年11月
田中 良典 泌尿器症状ガイドライン作成WPG-WPG員
がん患者の泌尿器症状の緩和に関するガイドライン2016年版
金原出版
2016年6月
田中 良典
川合 剛人
Validation of major prognostic models for metastatic urothelial carcinoma using a multi-institutional cohort of the real world
World Journal of Urology 34(2)
Springer International
2016年2月

特殊歯科・口腔外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
道脇 幸博
菊地 貴博
Computational modeling of child’s swallowing to simulate choking on toys
Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization
Taylor & Francis
2019年9月
道脇 幸博 嚥下障害と介護食レオロジー
化学工学 83(8)
化学工学会
2019年8月
道脇 幸博
菊地 貴博
粒子法による嚥下・誤嚥・窒息のシミュレーション
シミュレーション 37(2)
日本シミュレーション学会
2018年6月
道脇 幸博 粒子法による嚥下・誤嚥・窒息のシミュレーション
シミュレーション 37(2)
小宮山印刷工業
2018年6月
道脇 幸博 Modelling of swallowing organs and its validation using Swallow Vision®, a numerical swallowing simulator
Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization
Taylor & Francis
2018年5月
道脇 幸博 Numerical simulation of interaction between organs and food bolus during swallowing and aspiration
Computers in Biology and Medicine, Volume 80
ELSEVIER
2016年11月

腫瘍内科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
山口 雄 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 1 薬物療法の注目ワードQ&A Q7 乳がんの薬物療法で, ハーセプチン®とパージェタ®を併用することがあります. 2つの薬はどう違うのでしょうか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
舛本 真理子 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 1 薬物療法の注目ワードQ&A Q5 胃がん患者がパクリタキセルとラムシルマブ(サイラムザ®)の治療を受けることになりました. ラムシルマブとは, どのよう薬なのですか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
中根 実 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 総論 がん薬物療法 変わってきたこと・これから変わっていくこと
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
山口 雄 〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 1 がん腫別・治療の「成り行き」がわかる 4 胃がん
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
中根 実 〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 総論 がん診療とケアの流れ~がん領域における診断・治療と看護実践~
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
山口 雄 I nter-observer agreement among pathologists in grading the pathological response to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer
Breast Cancer
Springer
2017年8月
中根 実 近年のがん薬物療法における分子標的薬の位置付け
看護技術 第63巻 第1号
メヂカルフレンド社
2017年1月

感染症科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
関川 喜之、
本郷 偉元
HIV-associated benign lymphoepithelial cysts of the parotid glands confirmed by HIV-1 p24 antigen immunostaining
BMJ case reports
BMJ Pub. Group
2017年9月

新生児科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
中村 利彦 A Late Preterm Female Infant with Fetal Growth Retardation in Whom Changes in Autonomic Balance Were Likely Involved in Bradycardia and Residual Urine Retention
Journal of Urology and Renal Diseases 6(7)
Gavin Publishers
2021年12月
中村 利彦
野村 智章
Circulating HMGB-1, HistoneH3, and Syndecan-1 in a Newborn with Neonatal Cerebral Infarction
Biomedical journal of scientific and technical research 39(3)
Biomedical Research Network+
2021年10月
畠中 大輔
中村 利彦
A case of necrotizing tracheobronchitis successfully treated with immunoglobulin
Pediatrics International
日本小児科学会
2021年9月
中村 利彦
野村 智章
First Case Report of Early Neonatal Acute Laryngitis Due to Neisseria subflava.
Journal of Pediatrics and Congenital Disorders 7(1)
Scholit
2021年3月
中村 利彦 Serum HMGB-1 Spike in the Very Early Stage of Catheter Related Bloodstream Infection: A Case of Twin Preterm Infants with Epidermolysis Bullosa
Journal of Sepsis and Blood Infection 2020(1)
Research Infotext
2021年2月
中村 利彦
野村 智章
First Case of a Neonatal Pharyngeal Infection by Corynebacterium kroppenstedtii
Journal of Pediatrics and Congenital Disorders 6(2)
Scholit
2020年10月
中村 利彦
さかい ゆき
A Delayed Occurrence of Surfactant Proteins in An Extremely Preterm Infant
Biomedical journal of scientific & technical research
Biomedical Research Network+
2020年9月
中村 利彦 Chapter 2. The Mechanism of Onset in Neonatal Leukemoid Reaction: Synergistic Effect of Proinflammatory Cytokines Including Interleukin-6
Advances in Medicine and Biology. Volume 165
nova
2020年8月
中村 利彦 Follow-up of isolated congenital complete atrioventricular block with longitudinal measurements of serum NT-proBNP and cardiothoracic ratio.
Fukushima journal of medical science 66(1)
福島県立医科大学
2020年2月
畠中 大輔
酒井 祐貴
Intubation-surfactant-extubation(INSURE)療法における呼吸数の推移
周産期医学 49(11)
東京医学社
2019年11月
酒井 祐貴
畠中 大輔
早産児の生後早期における血漿ナトリウム濃度の推移
日本周産期・新生児医学会雑誌 55(3)
日本周産期・新生児医学会
2019年9月
中村 利彦
畠中 大輔
A male preterm infant with cow’s milk allergy to human milk fortifier showing only severe respiratory symptoms
Fukushima journal of medical science
福島医学会
2019年7月
高橋 秀弘 Pseudo-TORCH 症候群との鑑別が困難で著明な溶血性黄疸を呈したCOL4A1 変異の1 例
日本新生児成育医学会雑誌31(2)
日本新生児成育医学会
2019年6月
中村 利彦 Serum high mobility group box-1 and cytokine profiles in a leukemoid reaction.
Pediatrics International 2019
Blackwell Science Asia
2019年4月
髙橋 秀弘
畠中 大輔
血液・髄液培養陰性でPCR 陽性だった早発型リステリア感染症の超早産児例
日本新生児成育医学会雑誌 31(1)
日本新生児成育医学会
2019年2月
中村 利彦
畠中 大輔
血清サイトカインプロファイルと急性期反応物質を測定した新生児類白血病反応の母児例
日本周産期・新生児医学会雑誌 54(4)
日本周産期・新生児医学会
2018年12月
中村 利彦
畠中 大輔
Late preterm Wilson-Mikity 症候群の1 女児例: 各種バイオマーカーの経日的測定による病態の検討
日本新生児成育医学会雑誌 30(2)
日本新生児成育医学会
2018年6月
中村 利彦 Significantly Increased Levels of Serum High Mobility Group Box 1 and Interleukin 17 in a Female Neonate with Antepartum Severe Hypoxic Ischemic Encephalopathy due to Placental Abruption
日本新生児成育医学会雑誌 30(2)
日本新生児成育医学会
2018年6月
髙橋 秀弘
畠中 大輔
胎児母体間出血の3例
日本周産期・新生児医学会雑誌 54(1)
日本周産期・新生児医学会
2018年5月
中村 利彦 Neonatal Leukemoid Reaction with Fetal Inflammatory Response Syndrome Is Associated with Elevated Serum Granulocyte Colony Stimulating Factor and Interleukin-6
The Tohoku Journal of Experimental Medicine 244(2)
Tohoku University Medical Press
2018年2月
畠中 大輔 Streptococcus dysgalactiae subsp. Equisimilis (SDSE)により早発型敗血症をきたした新生児の1例
日本新生児成育医学会雑誌 30(1)
日本新生児成育医学会
2018年2月
蒲原 孝 慢性肺疾患(CLD) HFOのうまい使い方
NEONATAL CARE 31(1)
メディカ出版
2018年1月
中村 利彦 Multicenter study for brain/body hypothermia for hypoxic-ischemic encephalopathy: Changes in HMGB-1
Pediatrics international 59(10)
Blackwell Science Asia
2017年10月
髙橋 秀弘
黒須 博之
臍帯血管血栓症を認めた新生児仮死の1例
日本周産期・新生児医学会雑誌 53(1)
日本周産期・新生児医学会
2017年5月
蒲原 孝 ・CPAP専用機にはどのようなものがありますか?
・nasal CPAPができる人工呼吸器にはどのようなものがありますか?
・DPAPはどのような場合に使うのがよいですか?
・DPAPからの離脱はどのようにすればよいですか?
ステップアップ新生児呼吸管理
メディカ出版
2017年5月
中村 麻里 一過性体肺側副路動脈を認めた早産児の1例
日本新生児成育医学会雑誌 29(1)
日本新生児成育医学会
2017年2月
中村 利彦 Neonatal High-Permeability Pulmonary Edema Based on Serial Cytokine Profiles and KL-6 in Serum: Case Report
FUKUSHIMA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE Vol. 63(2017) No. 1
Japan Science and Technology Agency
2016年12月
中村 利彦 Serial investigation of continuous glucose monitoring in a very low birth weight infant with transient late-onset hyperglycemia
Fukushima Journal of Medical Science 62巻2号.2016
J-STAGE Advance Publication
2016年11月
中村 利彦 NICU/GCUにおける持続血糖測定システム(CGM)の有用性に関する検討(第2報) 新生児一過性高インスリン血症性低血糖症管理におけるCGM
日本新生児成育医学会雑誌 28巻2号
日本新生児成育医学会
2016年6月
畠中 大輔 Neonatal subcutaneous emphysema and pneumomediastinum soon after birth
Pediatrics International 58
日本小児科学会
2016年6月
中村 麻里 心房中隔瘤を合併した先天性心房粗動の1例
日本周産期・新生児医学学会雑誌 第52巻 第1号
一般社団法人 日本周産期・新生児医学会
2016年5月
髙橋 秀弘 Waardenburg症候群Ⅱ型の母子例 ~難聴の昔と今~
日本周産期・新生児医学学会雑誌 第52巻 第1号
一般社団法人 日本周産期・新生児医学会
2016年5月

皮膚科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
湊原 一哉 化学熱傷
研修ノートシリーズ
皮膚科研修ノート
医学書出版診断と治療社
2016年4月

緩和ケア科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
赤司 雅子 医療・介護関連肺炎を合併したがん患者の症状緩和
日本緩和医療学会誌 11巻4号
日本緩和医療学会
2016年10月

薬剤部

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
加藤 智之
田中 一平
The effectiveness of prescription support and treatment reporting system on the appropriate usage of oral third-generation cephalosporins
Journal of infection and chemotherapy 27(3)
 
Elsevier
2020年10月
細谷 龍一郎
一條 真彦
急性期脳梗塞患者に対する血栓溶解療法(rtPA)への薬剤師のかかわりとその効果
日本臨床救急医学会雑誌 23(4)
 
日本臨床救急医学会
2020年8月
加藤 智之
長澤 正之
(小児科・
感染管理室)
Comparison of the efficacy of cefmetazole and meropenem for patients with extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli bacteremia: a single-center experience
International Medicine 2020,2(1):1-6
 
Editorial Board of the journal
2020年2月
細谷 龍一郎
永村 陽一郎
吃逆に対する柿のヘタ煎の有効性
癌と化学療法 46(7)
癌と化学療法社
2019年7月
細谷 龍一郎
田中 一平
Risk Factors for Cancer Chemotherapy-Induced Hiccups (CIH)
Pharmacology & Pharmacy 9(8)
Scientific Research Publishing
2018年8月
細谷 龍一郎 Demographic and Clinical Risk Factors of Hiccups
"Journal of Pharmaceutical and Pharmacological Sciences 2018(2)"
Gavin Publishers
2018年7月
細谷 龍一郎
佐藤 洋平
(脳神経外科)
Association between Delirium and Prehospitalization Medication in Poststroke Patients.
Journal of stroke and cerebrovascular diseases 27(7)
Elsevier
2018年7月
細谷 龍一郎
日野 斉一
がん薬物療法の「スキマ」な副作用 ―困った症状と正しく向き合う! ― 第5回 吃逆(しゃっくり)
月刊薬事 60(6)
じほう
2018年5月
細谷 龍一郎 連載・患者のQOL向上と薬剤師の関わりPART II .服薬指導と病棟活動(114)
脳卒中病棟における薬剤師の取り組み
医薬ジャーナル 2017年4月号(Vol.53 No.4)
医薬ジャーナル社
2017年4月
細谷 龍一郎 Analysis of factors associated with hiccups based on the Japanese Adverse Drug Event Report database
PLoS ONE
Public Library of Science
2017年2月

呼吸器科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
杉原 潤 CT長径2.0cm以下の肺結節における良悪性診断を困難とする画像所見の検討
肺癌 60(1)
日本肺癌学会
2020年2月
八木 太門 慢性閉塞性肺疾患患者における低頻度・短時間の外来呼吸リハビリテーションの有効
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 27(1)
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
2017年9月
恵島 将 胸腔内進展をきたした虫垂原発と推定された腹膜偽粘液腫の1例
日本呼吸器学会誌
日本呼吸器学会
2016年5月

耳鼻咽喉科・頭頚部外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
浜島 智秀 外耳道神経鞘腫例
耳鼻咽喉科臨床
耳鼻咽喉科臨床学会
2020年2月
清川 佑介 第一鰓裂と第二鰓裂の特徴が混在した頸瘻例
耳鼻咽喉科臨床
耳鼻咽喉科臨床学会
2019年6月
岸川 正大 耳下腺に発生したオンコサイトーマの2例
-
頭頸部外科
2017年10月
大野 十央 甲状腺結節に対する液状化検体細胞診の検討
日本耳鼻咽喉科学会会報 120(4)
日本耳鼻咽喉科学会
2017年4月

心療内科・精神科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
武藤 仁志
竹内 崇
周産期特有の精神症状評価尺度
臨床精神医学
アークメディア
2020年8月
武藤 仁志
竹内 崇
疾患・病態別のせん妄薬物療法 呼吸不全
薬事
じほう
2020年6月
Takeda, M,
Nakaya, M.
Kikuchi, Y,
Inoue, S,
Kamata T
Clinical validity of the Japanese version of WAIS-III short forms: Adaptation for patients with mild neurocognitive disorder and dementia
Asian Journal of Psychiatry 31(2018), 21-24
Elsevier
2017年4月

総合診療科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
蓑毛 翔吾 A severe case of thrombocytopenia, anasarca, fever, renal insufficiency or reticulin fibrosis, and organomegaly syndrome with myocardial and skeletal muscle calcification despite hypocalcemia: a case report
Journal of medical case reports 15(1)
BioMed Central
2021年1月
藤原 裕 The first case of thrombocytopenia, anasarca, fever, renal impairment or reticulin fibrosis, and organomegaly (TAFRO) syndrome with unilateral adrenal necrosis: a case report.
Journal of medical case reports 12(1)
BioMed Central
2018年10月
長田 薫 法令の理解と遵守
日本病院総合診療医学会雑誌 第12卷第2号
日本病院総合診療医学会
2017年
長田 薫 薬物相互作用
日本病院総合診療医学会雑誌 第12卷第2号
日本病院総合診療医学会
2017年
長田 薫 災害医療
日本病院総合診療医学会雑誌 第12卷第2号
日本病院総合診療医学会
2017年

呼吸器外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
中島 康裕 脳転移巣の出現から7年後に顕在化した潜在性肺癌の1例
肺癌 57(7)
日本肺癌学会
2017年12月

麻酔科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
田中 直文 Withコロナにおける手術医学 - 市中基幹病院の運用と手術医学の課題について -
日本手術医学会誌 42(2)
日本手術医学会
2021年6月
丸山 由起子 妊娠高血圧腎症の重症化にHELLP症候群を併発し、全身麻酔下に緊急帝王切開を行った1症例
麻酔 69(6)
克誠堂出版
2020年6月
神山 圭 第9章 血液凝固管理 2 プロタミン
研修ノートシリーズ 麻酔科研修ノート 改訂第3版
診断と治療社
2018年12月
丸山 由起子 症例カンファレンス CSEA後神経障害の既往のある妊婦 PLAN2:周産期カンファレンスで検討して全身麻酔で管理
LISA 25(12)
メディカル・サイエンス・インターナショナル
2018年12月
大畑 めぐみ ビジュアル 麻酔の手引 "The Anesthesia Guide" - Arthur Atchabahian, Ruchir Gupta著(職員は監訳を担当)
ビジュアル 麻酔の手引
メディカル・サイエンス・インターナショナル
2015年10月

看護部

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
松島 由佳 臨床各科 差分解説 放射線科 放射線療法看護認定看護師の役割
週刊日本医事新報 (4988)
日本医事新報社
2019年11月
松島 由佳 がん薬物療法の「最新の知識が身につく」編 Part 1 薬物療法の注目ワードQ&A Q3 同時化学放射線療法(CCRT)を受ける患者が増えてきました. 有害事象対策や患者指導のポイントにはどんなことがありますか?
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月
横田 小百合 急性期病院における排尿ケアチームの初期活動と課題
日本老年泌尿器科学会誌 31
日本老年泌尿器科学会
2018年

神経内科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
蓑毛 翔吾
一條 真彦
Cardioembolic Stroke Due to Cardiac Sarcoidosis Diagnosed by Pathological Evaluation of the Retrieved Thrombus
Internal medicine
日本内科学会
2021年10月
蓑毛 翔吾
網野 猛志
Lacosamide-induced symptomatic sinus node dysfunction
Epileptic disorders 23(5)
John Libbey Eurotext
2021年10月
一條 真彦 前脊髄動脈症候群
今日の疾患辞典
プレシジョン
 
一條 真彦 後脊髄動脈症候群
今日の疾患辞典
プレシジョン
 
一條 真彦 奇異性塞栓症
今日の疾患辞典
プレシジョン
 

栄養課

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
原 純也
佐々木 佳奈恵
〈がん腫別〉 治療とケアの「流れがわかる」編 Part 2 ケアによる「成り行き」がわかる 2 胃がん術後患者への栄養食事指導(ダンピングなどの諸症状への対応)
ナースが知っておく がん治療“これだけ”ガイド
学研メディカル秀潤社
2019年6月

放射線科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
星 章彦 臨床各科 差分解説 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)と放射線治療
週刊日本医事新報 (5044)
日本医事新報社
2020年12月
星 章彦 Clinical Results of Radiotherapy That Targeted for Tumor Thrombi from Hepatocellular Carcinoma: A Multicenter Retrospective Study
International Journal of Clinical Oncology and Cancer Research 5(3)
Science Publishing Group
2020年10月
星 章彦 臨床各科 差分解説 分子標的薬と放射線治療
週刊日本医事新報 (5025)
日本医事新報社
2020年8月
星 章彦 臨床各科 差分解説 放射線科 同時化学放射線療法
週刊日本医事新報 (5009)
日本医事新報社
2020年4月
星 章彦 臨床各科 差分解説 放射線科 寡分割照射(短期照射)
週刊日本医事新報 (4978)
日本医事新報社
2019年9月
安廣 哲 臨床各科 差分解説 放射線科 放射線治療における医学物理士
週刊日本医事新報 (4951)
日本医事新報社
2019年3月

健診部

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
関口 修平
黒崎 雅之
検査値を読む2020 30章 腫瘍関連検査 ビタミンK欠乏性蛋白-II(PIVKA-II)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
関口 修平
黒崎 雅之
検査値を読む2020 30章 腫瘍関連検査 AFPレクチン反応性分画(AFP-L3分画)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
関口 修平
黒崎 雅之
検査値を読む2020 30章 腫瘍関連検査 α-フェトプロテイン(AFP)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
土谷 薫
黒崎 雅之
検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
土谷 薫
黒崎 雅之
検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 チモール混濁試験(TTT)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 コリンエステラーゼ(ChE)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 コリンエステラーゼ(ChE)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 γ-グルタミルトランスフェラーゼ(γ-GTP)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 アルカリホスファターゼ(ALP)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月
髙橋 有香 検査値を読む2020 11章 肝・胆道機能検査 乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)
内科 125(4)
南江堂
2020年4月

心臓血管外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
横山 賢司 下行大動脈置換術後の吻合部仮性瘤に対し血管内視鏡補助下にOpen Stent Graft法による上行弓部置換術を施行した1例
日本血管外科学会誌
29巻3号:151-155
2020年2月

形成外科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
林 大海 眉毛全欠損を伴うイヌ咬創に対し植毛術を用いて再建を行った1例
形成外科64(4)
克誠堂出版
2021年4月

リハビリテーション科

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
伊東 彰 転倒・転落リスクのある患者の見極め方
月刊ナーシング
2021年1月
秋元 秀昭 高次脳機能障害の改善が得られた低血糖脳症の1例
Journal of CLINICAL REHABILITATION
2020年10月

医療安全推進室

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
小久保 吉恭 医師が報告したインシデントレポートの分析
日本医療マネジメント学会雑誌 22(4)
日本医療マネジメント学会
2022年3月
小久保 吉恭
杢代 馨香
インシデントレポートの分析
医療の質・安全学会誌 16(3)
医療の質・安全学会
2021年7月

感染管理室

提出者・第二筆者 題名/著書名 出版社名/発行日
長澤 正之
稲吉 礼子
Utility of quantitative antigen assay for SARS-CoV-2 in the clinical situation Single center experience from Japan
International Academic Research Journal of Internal Medicine &  Public Health 2(4)
International Acedemic Research Journals
2021年7月


ページのトップへ