日本赤十字社 武蔵野赤十字病院

臨床研修部臨床研修部

  1. 初期臨床研修について
  2. メッセージ
  3. 過去三年間の初期研修医
  4. 研修プログラム例
  5. 医学生の個別病院見学について
  6. 臨床研修病院年次報告書

1.初期臨床研修について

研修医教育に長い歴史があります

30年以上前から臨床研修医を採用しており、研修医の存在は当然という雰囲気が病院にいきわたっています。
研修医を教え、研修医に教えられながら、共に救急医療や地域医療を担っています。

当院の研修の特徴

①指導スタッフがいっぱい

  • 常勤医が240名(指導医90名余)と医師が多い病院なので、多数の医師からの指導が受けられ、大学での研修と同様の緻密な診療や症例検討を学ぶことができます。
  • 1999年には臨床研修部が、2007年には教育研修推進室が設立され、研修環境の整備・研修医の要望への対応・研修医のメンタルヘルスなどにあたっています。部員・室員には看護師・技師・事務職員なども入っており、病院職員全体で研修医を育てる風土です。
  • 指導医の教育にも力を入れており、病院独自の臨床指導医養成講習会も毎年開催しています。現在、指導医の8割以上が臨床指導医養成講習会を受講済みです。

②地域に根ざした病院、かつ、診療の質の高さは大学に負けない

  • 地域基幹病院として診断や治療の難しい患者が多数来院し、大学病院と同レベルの質の高い医療を提供しています。
  • ICU/HCU・GICU・地域周産期センター(NICU)などが整備されており、集中医療や救急救命医療が充実しています。
  • がん診療連携拠点病院として、多くの悪性腫瘍患者さんの診療にあたっています。
  • 2007年には研修教育や一次救急二次救急を担当する総合診療科やSCU/脳卒中センターが開設され、2008年には乳腺科や感染症科も開設され、専門診療科もさらに充実しました。

③救急研修は看板

  • 当院の研修プログラムの特徴の一つは、1年次と2年次に救急救命部での三次救急研修が8週ずつ計16週間と長いことです。
  • それ以外の期間は、夜間や休日の日当直研修があり、初期研修医2・3名で12人の当直医とともに救急外来で一次救急・二次救急診療を担当します。
  • 救急車を年間10,000台前後受け入れる本邦有数の救急病院の第一線で、あらゆる診療科のwalk in で来院される一次救急から救命ホットラインで搬送される三次救命医療までを学ぶことができ、2年次には飛躍的に臨床能力を身につけることができます。
  • 日赤なので、災害救護活動に参加できます。

④学習の機会は多彩

  • 研修医のためのカンファレンス、研修医同士のカンファレンス
  • 1年生が研修を開始する5月から7月までは2年目研修医によるスタートアップガイドがあります。また、救命救急科、総合診療科による勉強会が毎週火・水・木の夕方、研修医による勉強会が金の夕方にあり、勉強の機会は豊富です。
  • 研修医が企画する独自の講演会を年に1、2回開催します。
  • 各診療科のカンファレンス、病院主催の症例検討会・CPC、医療安全や医療倫理に関する講演会などが多数あります。

⑤研修医をバックアップしたい

  • 1999年全国の赤十字病院に先駆けて臨床研修部が開設されました。
  • 一人一人の机が用意され、インターネット対応、Up To Date対応、図書室など環境が整っています
  • 宿舎、職員食堂など厚生設備が整っています。
  • アルバイトをしなくても十分生活できる給与を支給しています。
  • 当院で初期研修を経験した先輩たちがチューターとして、個々の初期研修医にアドバイスをします。当院での研修がよりよくなるように、指導医や病院全体に働きかけをしてくれることもしばしばあります。

⑥愛の病院で和気藹々と

  • 研修医が和気藹々としており、お互いにサポートしあう温かい雰囲気が、当院の研修の一番の特色です。でも、充実した研修成果を上げるためには、上級医に自分から体当たりしていく積極性が必要で、「与えてもらおう」という受身の姿勢の人には当院の研修は向いていないと言えます。

2.メッセージ

初期臨床研修部から

初期臨床研修医 2年目
栗原 郁奈子

 はじめまして!卒後の進路を考え始めている皆さんも、今まさに研修病院で悩んでいる皆さんも、この文章を読んでくださりありがとうございます。少しでも武蔵野赤十字病院の魅力をお伝えできたら幸いです。
 私がこの病院にきて1年が経ちますが、沢山の方々との出会いがありました。支えあいながら高め合える同期やいつでも身近な存在の先輩、診療のポイントや科の魅力を伝えてくださる先生方、様々な場面で助けてくださる多職種の方々、日々新たな気付きを与えてくださる患者さん、そんな方達に囲まれた環境が私はとても好きです。
 研修中はよく勉強会が開催され、日々研修医同士で教えあったり上級医のフィードバックを受けながら診療にあたったりと協力しながら一歩一歩成長できる環境だと感じています。 また、病院のまわりにはのどかな町並みが広がり、休日には少し足を延ばして緑豊かな公園を散歩するのも楽しみの一つです。
 そんな情緒あふれる武蔵野の地で皆さんと一緒に研修生活を送ることができたら嬉しく思います。お待ちしております!


初期臨床研修医 2年目
斉藤 有輝

 初期研修病院を選ぶにあたって悩んでいる方へ。皆さんの目には当院はどのように映っておりますか。もしかしたら初期研修先としての高い倍率にばかり目が行き、敷居の高い病院だと感じたり、自分なんてと萎縮してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
 確かに当院は良い病院だと思います。臨床経験豊富な熱意あふれる先生方が集い、地域の医療の砦として責任を持って質の高い医療を提供している場所です。しかし、飛び抜けた機能を持った病院なのかというとそうではなく、他の地域中核病院と同様に、その責任を全うしている普通の病院だと私は感じています。
 職場の雰囲気は暖かいです。勉強会も豊富で、研修医を育てようという意識を日々感じます。コメディカルや事務の方々も接しやすい人ばかりです。成長しようと意気込む皆さまを受け入れ、さらに背中を押してくれる環境が整っています。
 特別である必要はありませんし、ここに入って特殊なことを求められたこともありません。活気があってやる気もある、そんな人であればどなたでも大歓迎という雰囲気です。倍率に惑わされず、一度見学にいらしてください。必ず研修医とお話しする機会も設けます。そこで当院の雰囲気を感じてもらえればと思います。
 皆様とお会いできることを楽しみにしております。


初期臨床研修医 1年目
井上 瑛裕

 こんにちは!皆さんはここで働きたいと思える研修病院はみつかりましたか?研修病院を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、私は15以上の病院を見学したうえでこの武蔵野赤十字病院を選びました。勉強会が多いことや3次救急病院でありながら1次・2次の1st touchもできるなど、当院の売りを挙げるときりがないですが、一番は「成長できる環境の良さ」があることだと思ってます。上級医の先生や先輩、メディカルスタッフの皆さんからの手厚い指導があるのは勿論のこと、同期で切磋琢磨する雰囲気が根付いていることに惹かれました。研修はどこに行くかよりもそこで何をするかだとは思いますが、当院には私たちの成長をサポートしてくれる環境があります。まだ見学してない人、研修病院をきめかねている人はぜひ一度いらしてください。その際は魅力的な所だけでなく、大っぴらには言えないことまで(?!)包み隠さずお伝えしようと思います。皆さんと研修できることを心よりお待ちしております!


初期臨床研修医 1年目
小井土 文香

 私は研修病院を検討する時、救急診療が強く三次まで受け入れている病院、研修医の先生方のモチベーションが高く教育的な病院、そして仕事も私生活も充実させられる病院という3点を基準に選択していました。
 武蔵野赤十字病院はそのどれもに当てはまる病院でしたが、特に2つ目の教育的な雰囲気を強く感じました。上級医の先生方が見学生に対しても暖かく接して下さり、研修医の先生方もとても明るく勉強熱心なのが伝わってきました。当院で初期研修医となった自分を想像するととてもワクワクして、なかなか寝付けなかったのを覚えています。
 実際に入職すると、とても優秀な先輩方とコミュニケーション能力に長けた同期に囲まれ、さまざまな症例を経験することができ、勉強会も豊富で、とても恵まれていると感じます。医師としての第一歩をこのような環境で踏み出せることに感謝しながら精一杯働きたいと思っています。
 研修病院の選択基準は人それぞれだと思いますが、皆さんも研修病院に悩んだら、是非一度当院に見学にいらしてください。当院の魅力をたくさん伝えたいです。出会いに感謝しながら、一緒に素晴らしい研修生活を送りましょう!研修医一同お待ちしております。


初期臨床研修医 1年目
東條 真有

 こんにちは!私が六年生として武蔵野赤十字病院を見学しに来た時に最も印象に残ったことは、出会った研修医が皆口を揃えて「この病院は人に恵まれている」と言っていたことでした。そして入職した今、それが誇張でもお世辞でもなかったことを実感しています。例えば、一年生の四月は一か月オリエンテーションの期間が設けられており、コメディカルの方や二年目の先輩方から丁寧に指導を受けることが出来ます。また、ちょっとした会話や挨拶などからも、スタッフの方々、上級医の先生方が皆さま研修医を大切にしてくださっている雰囲気を感じています。そしてやる気に溢れ、個性豊かな同期の研修医とは和気あいあいと楽しく、そして刺激を受けながら研修生活を送ることができます。
 それらに、救急のファーストタッチができて総合力がつくところ、勉強会が豊富なところ、駅に程近く周囲に公園もある立地などもとても気に入っています。ぜひ一度、見学に来てみてください!研修医一同、お待ちしております。そしてその先で、一緒に研修生活を送ることができれば本当に嬉しいです。


初期臨床研修医 1年目
平尾 達郎

 膨大な数がある研修病院からどの病院を選べば良いのか。1年前の私も,コロナ禍で見学に行くことすら難しい中,頭を悩ませていた事を覚えています。初期研修病院を選ぶ基準は人それぞれかと思いますが,私が皆さんにお伝えしたい武蔵野赤十字病院の良いところは以下のようにたくさんあります!幅広く経験できる研修内容,豊富な診療科・症例数,高い医療水準,研修医の主体性を尊重しながらも熱心に指導してくださる上級医の先生,働きやすい病院のスタッフの皆様の雰囲気,そして志高く切磋琢磨できる同期。実際に働き始めた今も,日常的な上級医・先輩研修医からの指導はもちろん,勉強会やクルズスなどの直接的な学習機会も多い環境で,自らの理想の医師像に近づくことができているという実感があります。
 当院の良さは,実際に病院見学に来てくだされば必ず皆さんに伝わります。バラエティ豊かな楽しい仲間と共に志高く医師としての第一歩を踏み出したいという方,ぜひ一度見学にいらしてみて下さい!研修医一同,皆さんにお会いできるのを楽しみにお待ちしています。


初期臨床研修医 1年目
山本 拓実

 こんにちは。自分が行きたい研修病院を決めるのってとても難しいですよね!何を軸にすればいいのかわからなくなって堂々巡りになります。そんな方にお勧めなのが武蔵野赤十字病院です!とてもバランスの良い研修を行う環境がここにはあります!
 この病院の強みは、病院全体で研修医をいち戦力として見てくれる環境と、優しくときには熱く指導してくださる先生方やコメディカルの方々の存在です。また、全国の様々な大学から意識の高い研修医が集まることも魅力の一つだと思います。育った環境も学んできたことも違う同期からは日々刺激を受けることができます。私も頼もしい同期と支えあいながら研修生活を送っています。ほかにも救急外来のファーストタッチを2年間通して経験できること、診療科が豊富なところ、食堂がおいしいところ、勉強会がたくさんあるところなど、まだまだいいところはあります。
 言葉で語ってもなかなか魅力は伝わらないと思うのでぜひ見学に来てください!私たちと一緒に最高の研修生活を送りましょう!


3.過去三年間の初期研修医

2019年度採用 男性7名 女性3名

  • 東北大学
  • 群馬大学
  • 千葉大学
  • 東京医科歯科大学
  • 東京医科大学
  • 富山大学
  • 金沢大学
  • 滋賀医科大学
  • 京都府立医科大学
  • 岡山大学

2020年度採用 男性4名 女性6名

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 千葉大学
  • 新潟大学
  • 東京医科歯科大学
  • 日本医科大学
  • 慶應義塾大学
  • 東京慈恵会医科大学

2021年度採用 男性6名 女性4名

  • 北海道大学
  • 秋田大学
  • 新潟大学
  • 筑波大学
  • 千葉大学
  • 東京医科歯科大学
  • 東京大学
  • 岐阜大学
  • 鳥取大学

4.研修プログラム例

1年次 オリエンテーション 内科 救命救急科 外科 麻酔科 総合診療科
4週 16週 8週 8週 8週 4週


2年次 精神科 小児科 救命救急科 産婦人科 総合診療科 地域研修 内科 選択
4週 4~8週 8週 4週 4週 4週 8週 8~12週


研修期間
2年間(オリエンテーション4週、基本研修84週、選択研修8週)

内科32週、外科8週(うち4週を外科系に変更可能)、
救命救急科16週、麻酔科8週
小児科4~8週、産婦人科4週、精神科4週、地域医療4週
内科は、1年次と2年次に総合診療科を4週ずつ必修、循環器科、消化器科/内分泌代謝科、呼吸器科/神経内科、腎臓内科/血液内科の4グループから3つ以上選択する。(1グループ2科を8週)
救命救急科は、1年次に8週、2年次に8週選択する。産婦人科は原則として2年次に選択する。
精神科、地域医療は2年次に選択する。
精神科の一部に当院精神科での外来研修を含める(リエゾン精神医学研修)。
地域研修では武蔵野市、三鷹市の医療機関、または浦河赤十字病院(北海道)を選択する。

選択研修8週
研修科の選択は任意とし、基本研修を選ぶことも可能である。1診療科のみを履修することは好ましくない。
履修が不十分な科がある場合には、その科を選択する。

ローテーションスケジュールは、オリエンテーション期間中に、研修医自身の希望を踏まえて、臨床研修部長、各科代表指導医が協議・調整して作成する。2年次開始時に、1年間の研修を振り返り、より効果が上がるように、スケジュールを部分的に修正する。1年次、2年次の中で研修する順番は研修医の重複を避けるために研修医ごとに異なるが、各科の期間は同一である。

5.医学生の個別病院見学について

病院見学の詳細や見学の応募は下記のリンク先をご覧下さい。

6.臨床研修病院年次報告書

※2021年4月1日報告

ページのトップへ